VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

これさえ読めば大丈夫!Oculus Touchの機能、価格、体験スペース、コンテンツまとめ - VR Inside

これさえ読めば大丈夫!Oculus Touchの機能、価格、体験スペース、コンテンツまとめ

      2016/12/07

touch-rift

12月6日発売のOculus Touchについて、特徴や機能、価格といった基本的な情報から、対応コンテンツや実際に体験できるスペースまでをまるっと紹介します。

Oclus Touchとは

oculus touch

Oculus Touchは、Oculus Riftで使用できるモーションコントローラー。

Oculus RiftにはXboxのゲームパットが付属していますが、これでは直感的な操作ができず没入感が損なわれてしまいます。

Oculus Touchを使うことこで直感的な操作が可能なり、よりリッチなVR体験が可能になります。

Oculus Touchの価格

Oculus Touchは、単体での販売のほかOculu Riftとのセットでの販売があります。

Oculus Touch単体で購入する場合の価格は199ドル(日本円で税別23,800円)、Oculus Riftとのセットの場合の価格は798ドル(日本円で税別107,600円)となっています。

トラッキングのためのセンサーが、Oculus Touch単体購入の場合は1つ、Oculus Riftとのセットの場合は2つ付属します。

購入は公式サイトから行うことが可能です。
https://www3.oculus.com/en-us/rift/

参考:Oculus Touch正式発表!12月6日発売で価格は199ドル、10月10日から予約開始!

Oculus Touchのセットアップ方法

Oculus Touchはほかの周辺機器同様、Oculus Homeを使ってペアリングします。対応HMDはOculus Riftのみで、開発者版であるDK1、DK2やその他のHMDではしようできません。

画像引用:http://www.tomshardware.com/reviews/oculus-touch-motion-controller-review,4841-2.html

画像引用:http://www.tomshardware.com/reviews/oculus-touch-motion-controller-review,4841-2.html

また、Oculus Touchの電源はそれぞれ単三電池1本となるため別途用意する必要があります。

参考:Oculus Touch、単三電池で20時間駆動することが判明

Oculus Touchの機能

touch-hand

Oculus Touchにはそれぞれ、親指と人指し指、中指で操作するボタン・トリガーとアナログスティックが搭載されており、それらを操作することでVR空間内の手の映像に挙動が反映されます。

トリガーやボタン部分には指が触れているかを検視するセンサーも搭載されており、ハンドジェスチャーをすることも可能となっています。

Oculus Touch体験スペース

マウスコンピューターの直営5店舗に、Oculus Touchの体験コーナーが常設されています。各店舗にはマウスコンピューター専用の体験用ステーションが設置されます。

なお、体験可能なコンテンツは後日発表される予定です。

常設店舗所在地

秋葉原ダイレクトショップ
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-2-4

1124-mouse03

G-Tune : Garage
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-13-7

1124-mouse04

マウスコンピューター ヨドバシAkiba店
〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkibaビル 2F

1124-mouse05

名古屋ダイレクトショップ
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目12-35 グッドウィルEDM本店2Bフロア

1124-mouse06

大阪ダイレクトショップ
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目12-2

1124-mouse07

参考:マウスコンピューター、Oculus Touch体験ステーションを直営5店舗に設置。12月6日午前11より体験可能に

Oculus Touchのローンチタイトル

Oculus Touchのローンチタイトル53作品は以下の通り

  • Arizona Sunshine – Vertigo Games
  • Bigscreen Beta – Bigscreen
  • Carnival Games VR – 2K Games
  • The Climb – Crytek
  • Cosmic Trip – Funktronic Labs
  • CRANGA!: Harbor Frenzy – HandMade Game
  • Dead and Buried – Oculus Studios
  • Dead Hungry – Q-Games
  • DEXED – Ninja Theory
  • Dig 4 Destruction – COLOPL, Inc.
  • Enigma Sphere – YOMUNECO
  • Fantastic Contraption – Radial Games and Northway Games
  • Final Approach – Phaser Lock Interactive
  • Fly to KUMA MAKER – COLOPL, Inc.
  • Fruit Ninja VR – Halfbrick Studios
  • Galaxy Golf – Liftoff Labs
  • The Gallery Episode 1: Call of the Starseed – Cloudhead Games
  • Gary the Gull – Limitless Studios
  • Grav|Lab: Gravitational Testing Facility & Observations – Mark Schramm
  • HoloBall – TreeFortress
  • Home Improvisation: Furniture Sandbox – The Stork Burnt Down
  • I Expect You To Die – Schell Games
  • Job Simulator – Owlchemy Labs
  • Kingspray – Infectious Ape
  • Medium – Oculus
  • Music Inside – Reality Reflection
  • NBA 2KVR Experience – Visual Concepts / 2K
  • Ocean Rift – Llŷr ap Cenydd
  • Oculus First Contact – Oculus Studios
  • Pierhead Arcade – Mechabit Ltd
  • PLANNES – Tricol
  • Please, Don’t Touch Anything – Escalation Studios
  • Pro Fishing Challenge VR – Opus
  • Proton Pulse Plus – Zero Transform
  • Pulsar Arena – Zero Transform
  • Quar: Battle for Gate 18 – Steel Wool Games
  • Quill by Story Studio (beta) – Oculus Story Studio
  • Rec Room – Against Gravity
  • Rescuties VR – mode of expression, LLC
  • Ripcoil – Sanzaru Games, Inc.
  • Serious Sam VR: The Last Hope – Croteam VR
  • Space Pirate Trainer – I-Illusions
  • Sports Bar VR – Perilous Orbit and Cherry Pop Games
  • Super Kaiju – Directive Games
  • Superhot VR – SUPERHOT Team
  • Surgeon Simulator: Experience Reality – Bossa Studios
  • theBlu – WeVR, Inc.
  • Toybox – Oculus Studios
  • The Unspoken – Insomniac Games
  • Viral EX – Fierce Kaiju
  • VR Sports Challenge – Sanzaru Games, Inc
  • Windlands – Psytec Games Ltd
  • ZR: Zombie Riot – PlaySide VR

参考:いよいよ12月6日はOculus Touchの発売日!Touchローンチタイトル全53作品が公式に発表
Oculus Touchリリース直後からフリーでプレイできる15のVRコンテンツを紹介!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

koide yutaro

Writer: これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

 関連記事