VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「Rock Band VR」が間もなくリリース。アクセサリー市場でVIVEとOculus Riftの競争が激化か? - VR Inside

「Rock Band VR」が間もなくリリース。アクセサリー市場でVIVEとOculus Riftの競争が激化か?

     

海外メディアUploadVRは、2017年3月20日の記事において、ハイエンド型VRヘッドセットのアクセサリー市場動向について報じた。

20170320_rockband_1

「Rock Band VR」が扉を開くOculus Riftアクセサリー市場

同メディアは、間もなくリリースされる予定であるOculus対応コンテンツ「Rock Band VR」に関して、Oculusコンテンツ部門のヴァイス・プレジデントJason Rubinのツイートを紹介した。

以上のツイートでは、同コンテンツを「初めてのメジャーなトラッキング・アクセサリーVRゲーム」と表現している。

同コンテンツは、専用のギター・コントローラーにOculus Touchを装着して、ステージ上のバンド演奏をVR体験するものだ。

最近のVRアクセサリー市場は、昨年発表されたワイヤレスキット「TPCAST」を嚆矢として、今年はじめに登場したVIVE Trackerに至るまでVIVE対応デバイスの話題が続き、Oculusは同市場において出遅れている印象があった。

しかし先日、ついに同社がOculus Touchの3DCADデータを公開したことにより、同社がアクセサリー市場で巻き返しを図る機運が高まって来た。

こうした状況下での「Rock Band VR」の登場は、Oculusが初めてVRアクセサリー市場に本格参入する契機となる、と見て間違いないだろう。

VIVEとOculus Riftの新たな戦場である「アクセサリー市場」

同メディアは、今後予想されるアクセサリー市場におけるVIVEとOculus Riftの競争に関して、独自の分析を掲載した。

同メディアは、VIVE Trackerに見られるようなVIVEのアクセサリー市場の多様性を認めながらも、コスト面でOculusとの比較検討している。

まずVIVEの場合、VIVE本体が¥107,784に加え、約¥11,000($99.99)と価格が発表されたVIVE Trackerを揃えると、なかなかの高額になることを指摘している。

対してOculusの場合、Oculus Riftとtouchのセットが¥76,600、¥7,800の追加カメラ、そして約¥7,800($69.99)の専用ギター・コントローラー付属の「Rock Band VR」を購入してもVIVE本体より安く入手できる

価格だけでコンテンツやデバイスの売上げが決まるわけではないが、ハイエンド型VRヘッドセットの普及が劇的に進まない要因としてその高額な費用があることを考えると、アクセサリー市場においてコスト面で有利なOculusがVIVEを上回る可能性は十分にある。

いずれにしろ、VIVEおよびOculus Riftの次世代VRヘッドセットが登場するまでは、VRコンテンツだけではなくVRアクセサリーにおいても、ライバル関係は続いて行くだろう。

ハイエンド型VRヘッドセットのアクセサリー市場動向について報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/oculus-touch-beats-vive-tracker-rock-band/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com