VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ODG、Hololensを意識したARグラス「R8」「R9」をCES2017で発表 - VR Inside

ODG、Hololensを意識したARグラス「R8」「R9」をCES2017で発表

   

ARグラスを開発しているODGは、CES2017において、同社の最新ARグラス「R8」と「R9」を発表する。

20170104_r_1

ARグラス「R」シリーズを開発している同社は、同シリーズの最新モデル「R8」および「R9」をCES2017で発表する。

ODGが開発するARグラス「R」シリーズとは何か

同社が開発するARグラス「R」シリーズを知るには、昨年開催されたCES2016に出品された同シリーズ最初のモデル「R7」を紹介した動画を見ると良いだろう(上の動画を参照)。

「R」シリーズを一言で表現するならば、「Hololensライクなスマートグラス」だ。上の動画を見ればわかるように、R7を装着したユーザーは、レンズに表示されるAR情報をリアルな世界に重ねて見ることになる。レンズに表示されるAR情報は、サングラス型デバイスのツルの部分にあるボタンを使って操作する。

同デバイスに使われているOSはAndroidなのだが、実際には同社が開発した独自OS「ReticleOS」がAndroid上で動作している。個々の専用ARアプリは、「ReticleOS」をベースにして動作している。

ちなみに、同デバイスのAR表示される視野角は37°、価格は$2,750であった。

「R8」「R9」の特徴

「R8」と「R9」は、Rシリーズの最新後継機種である。それぞれの仕様は以下の通り。

R8の特徴

  • AR表示視野角40°
  • レンズ画素数1080
  • Qualcomm製AR対応最新プロセッサ「Snapdragon 835」搭載
  • 画面描画性能80Hz(1秒間に80回画面を描画)
  • 価格は$1,000
  • 同デバイス対応ARアプリ開発環境のリリースは2017年第3四半期を予定

R8の外見は、本記事トップ画像を参照。

R9の特徴

R9の外見画像

R9の外見画像

R9は、基本仕様はR8と同じなので、R8と異なっている仕様を以下に示す

  • R8がコンシューマー向けに対して、R9はエンタープライズおよび開発者向け
  • AR表示視野角50°
  • 重量がR8に比べて4オンス(約110g)重い
  • レンズのツル上部にR8にはない拡張入力ポートを実装
  • 価格は$1,800
  • 開発環境のリリースは2017年第2四半期を予定

RシリーズはHololensのライバルデバイス?

Rシリーズは、明らかにHololensを意識したARデバイスである。Rシリーズがサングラス型、Hololensがバイザー型とデザインに違いはあるが、どちらのデバイスもARアプリのプラットフォーム・デバイスとなることを目指して開発されている。

RシリーズがHololensより優れているのは、その価格だ。Hololensが$3,000に対して、高額のR9でも$1,000以上安い

ARデバイスの中枢機能とも言えるトラッキング性能に関しては、どちらのデバイスも内蔵センサーを使ってトラッキングするInside-out型を採用している。

両デバイスのトラッキング性能に関して、海外メディアRoadtoVRは検証を試み、その結果としてHololensの方がRシリーズより優れていると報告している。

プラットフォームを支配するデバイスがまだ空位であるAR業界においては、その性能と知名度においてHololensが一歩リードしているように思われる。ただ歴史的に見て、PC、スマホ、そしてVRヘッドセットのどのプラットフォームにおいても、ただひとつのデバイスによって支配されたことはない。

RシリーズをはじめとしたHololensのライバルデバイスの台頭が、2017年のAR業界の注目点ではなかろうか。

ODG公式サイト
http://www.osterhoutgroup.com/home

ODGが開発したARグラス「R8」および「R9」をCES2017で発表することを伝えるプレスリリース
http://www.osterhoutgroup.com/presskit/pressreleases/Industry_Leader_ODG_Introduces_R-8_and_R-9_Smartglasses.pdf

「R8」および「R9」とHololensの比較に言及したRoadtoVRの記事
http://www.roadtovr.com/odg-announces-smart-glasses-r8-r9-ar-qualcomm-snapdragon-835/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事