VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

サメと一緒に泳げるVRコンテンツ「Operation Apex」が制作中! - VR Inside

サメと一緒に泳げるVRコンテンツ「Operation Apex」が制作中!

     

operationapex

広大な海を探索できるVRアドベンチャーゲーム「Operation Apex」がCuriscopeとHTCのVive Studiosの協力で制作されていることが発表された。

Operation Apexは深い海の世界を体感できるアドベンチャーゲームで、サメと一緒に泳いだり、海の生き物のその場で観察することなどができる。

リリース予定日は2017年末となっている。

Operation Apex

Operation Apexはマリンバイオロジストとなって深い海の中の生き物の生活を観察する、VRアドベンチャーゲームだ。

限られた人間しか深い海をもぐって、海の生き物の生態を研究できない。

Operation Apexではそんな自然界の外ではめったに体験することのできない、自然体の海の生き物の生活を間近で見ることができる。

サメと泳いだり、現地に行かないと見れないレアな生物の姿がVRでリアルに体験できる。

PR映像によると、両手にライトのようなものを持って操作しながら、海を泳ぐことになるようだ。

また、Operation Apexではサメがプレイヤーの存在に気づくとそれに対して反応するようになっている。

まだどんな反応が返ってくるか詳しくは明らかになっていないが、プレイヤーの存在に気付いて逃げ出す、もしくは近づいてくる、襲われそうになるなど、今までの海をテーマにしたVRコンテンツとは違い、よりリアルな潜水体験が期待できる。

映像では最後に魚を操作し、そこにサメが食いつくショットが挿入されており、ライトだけではなく、餌を持ってサメに近づいたりすることもできるようだ。

ただの観察ではなく、アドベンチャーゲームとして、スリルのある体験もできるようになっている。

サメのアルゴリズムにはCuriscope独自のものが使われているようで、それもこのVRアドベンチャーゲームの特徴となるようだ。

Curiscopeはそのアルゴリズムについて今後さらに明らかにする予定と話している。

Operation Apexは2017年中にリリース予定で、昆布の森が見れる比較的浅瀬の海からより深いところまで、マリンバイオロジストとなって海の生態系を観察できる。

対応機種については特に言及されていないが、Vive Studiosと協力で制作されているため、HTC Vive対応となるはずだ。

その後その他のヘッドセットサポートが追加されるかどうかはわかっていない。

Curiscope

Curiscopeは教育的VR/ARコンテンツを制作しているスタジオで、VRコンテンツはOperation Apexが第二作目となる。

Curiscopeの最初のVRコンテンツ「Great White Sharks」ホオジロザメと泳ぐVR体験ができる世界でもっとも再生されているサメの360°動画だ。

2016年1月のリリース以来、YouTubeで2000万人以上に視聴されている。

このGreat White Sharksはリアルなサメが横切るところを見えるだけではなく、サメの中が透けてサメの内蔵が見える教育的コンテンツだ。

スタジオはそのホオジロザメと泳ぐ貴重な体験を視聴したビューワーの反応をもとに、今回はサメがプレイヤーの存在を感知できる、ルームスケールアドベンチャーゲームを作ることにした。

今回制作されるOperation Apexも教育的コンテンツとして、海の生態系の重要さを学べるVRコンテンツになる予定だ。

Curiscopeは他にもT-シャツを使って人体模型が映せるARコンテンツ「Virtuali-Tee」を販売している。

Virtuali-Teeを着て、アプリをつけるとそのT-シャツの上に人間の臓器のアニメーション映像が投影され、人体の勉強ができるようになっている。

アプリはフリーでダウンロードできるため、T-シャツが1枚あればクラス全体でアプリを使い、アニメーションを見ることが可能だ。

もちろん、お互いにT-シャツを着あってお互いを見る、1人で自分の体を観察することもできる。

T-シャツのサイズは子供用と大人用両方用意されており、子供の自由研究など、親子でVirtuali-Teeを遊ぶこともできる。

VirtualiTee_Hero5_

Operation Apexは2017年中にリリース予定で、昆布の森が見れる比較的浅瀬の海からより深いところまで、マリンバイオロジストとなって海の生態系を観察できる。

対応機種については特に言及されていないが、Vive Studiosと協力で制作されているため、HTC Vive対応となるはずだ。

その後その他のヘッドセットサポートが追加されるかどうかはわかっていない。

参照元URL: https://www.curiscope.com/blogs/blog/announcing-operation-apex, https://www.curiscope.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。