VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRプロトタイピングの新ソフトウェアをバーチャルプロトタイピングカンパニー、OPTISが発表! - VR Inside

VRプロトタイピングの新ソフトウェアをバーチャルプロトタイピングカンパニー、OPTISが発表!

     

バーチャルプロトタイピングカンパニー、OPTISがNVIDIA Quadro GPUとNVIDIA VRWorksで稼働されたHIM 2017 Human Ergonomic Evaluation、正確でリアルな3Dバーチャルプロトタイピングができる新ソフトウェアを発表した。

VRでもリアルなデジタルプロトタイピングを

optis-screenshot

デジタルモデルを使ったバーチャルプロトタイピングを、実際のモデルを使ったフィジカルプロトタイピングの代わりに使用する際に重要な点は、デジタルモデルがちゃんと現実世界を再現できてることだ。

OPTISはこれをゼロフィジカルシミュレーションアプローチという形で業界が求める正確さを実現した。

HIMソフトウェアはバーチャルプロトタイピングを今までにないリアルなレベルで再現することができる。

OPTISは人が持っている感覚を三つ、視覚、聴覚、触覚をハプティックフィードバックで再現し、これらを組み合わせることで、VRデザインまたはトレーニングプラットフォームを現実のような体験で提供している。

HIMソフトウェアが実寸大の3Dバーチャルプロトタイピングを早く、ハイレベルな状態で再現するのに必要な、確実さとパフォーマンスがQuadro GPUを使うことで、補われている。

また、HIMソフトウェアはフルバディモーションキャプチャーでユーザーの現実の動作を再現し、VR空間でデジタルプロトタイプを触ったり、動かしたりする感覚を再現している。

NNVIDIA VRWorks SDKのキーコンポーネントであるVIDIA PhysXをベースにした、コリジョンディテクションがHIMソフトウェアには搭載されているため、VR空間でも作業も快適に行ることが可能だ。

さらに、VRWorksのVR Audioを使った忠実度の高いサウンド機能が、サウンドのシミュレーションを航空業界やオートモービル業界で使われているオーディオシミュレーションのためのマーケットリファレンス、OPTIS Genesisのオーディオマテリアルエキスパートと組み合わせることで、使用できるので、サウンド的にもリアルなVR空間を提供している。

バーチャルプロトタイピングでできること

optis-screenshot

HIMはバーチャルプロトタイピング使う、世界中のチームのインタラクティブデシジョンメイキングを助け、デザイン、プロダクション、メンテナンスなどの出資者がプロダクト開発プロセスの初期段階でプロジェクトの状況を確認でき、企業と出資者間のコミュニケーションバリアを解消する。

VR環境を使うことで、デザインに関する決断がより簡単に早くできるようになる。

マニュファクチャーがデザインした全ての新プロダクトはHIMを使うことで、プロダクションや制作プロセスがVRでモデリングでき、オペレーターがそのプロダクトを制作するときに、安全かつ快適に作業ができるように、人とロボットの動きも研究することができる。

企業はロボット関連のエラーも早い段階でテストし、発見、修正することができ、より安全なオペレーションが可能となる。

OPTISの設立者でCEOのJacques Delacour氏はプレスリリースでこうコメントしている。

「近い将来、デジタルプロトタイプがデザインプロセス、インダストリアルマニュファクチャーで使用されることは、一般的に増えていくでしょう。

OPTISのソリューションはVRを使ったヒューマンマシンインターアクションやアップストリームワークの普及に貢献していけると思っています。」

OPTISについて

Optis Logo

OPTIS (PRNewsfoto/OPTIS)

OPTISはバーチャルプロトタイピングカンパニーとして、ビジネス業界のプロダクトプロジェクトのシミュレーションを手助けしてきた。

OPTISが提供するソリューションは今までもゼロフィジカルプロトタイピングを実現し、革新的なデザインプロセスの方法を確立してきた。

1989年からOPTISは培ってきた専門的知識を、有名なCAD/CAMソフトウェアとバーチャルソリューションを組み合わせたライト アンド ヒューマン ビジョン シミュレーションとして提供してきた。

これらの経験を活かしたバーチャルモックアップはリアルデシジョンメイキングツールとして使われている。

現在では50か国以上の国で2500以上のクライアントがOPTISのソリューションを利用し、彼らのプロジェクトのデザインや制作プロセスでの安全を確保するため、将来のプロダクトをマーケットに迅速に届けるために使用している。

また、デジタルプロトタイプを使用することは、通常のプロトタイプの際無駄になってしまう資源を減らすことにもなるので、その点も好んで使われているポイントだ。

OPTIS公式ウェブサイト URL: http://www.optis-world.com/

参照元URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/optis-unveils-him-2017-integrating-haptic-feedback--vr-audio-622489614.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。