VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

新アーキテクチャを採用した次世代iPhone向けGPU - VR Inside

新アーキテクチャを採用した次世代iPhone向けGPU

     

モバイルデバイスとコントローラー

AppleはiPhoneにAR技術を搭載するため、裏で技術の開発を進めていると言われている。また、AR技術の開発は同時にVR技術の開発を進めることでもある。

iPhoneに使われるチップの技術を提供するImagination Technologiesは、新たにFurianアーキテクチャを搭載する初めてのチップを発表した。新しいアーキテクチャを採用したこのチップは、将来のiPhoneが対応するであろうAR、そして対応するかもしれないVRを助けるものになるはずだ。

新チップの登場

基盤

Imagination Technologiesは、Appleが自社のデバイスに使用するAXチップで採用しているPowerVR GPU技術を支えるテクノロジー企業だ。このImagination Technologiesが、新しいGPUアーキテクチャであるFurianアーキテクチャに基づく初めてのチップを発表した。

Furianアーキテクチャ搭載のPowerVR Series 8XT GT8525チップは、モバイルグラフィックのパフォーマンスをこれまでに比べて大きく向上させるという。この優れた処理能力は、ARやVRといった技術に対応する将来のモバイルデバイスに最適だ。

AR/VR技術は高い映像処理の能力を要求するが、最新のチップはその厳しい要求に応えられるだけのパフォーマンスを発揮する。

Imagination TechnologiesとApple

Imagination Technologiesは、GPUデザインをAppleに提供している関係で知名度の高い企業だ。A10やA9といったAppleのデバイスに使用されるカスタムチップには、Imagination Technologiesが権利を所有するグラフィック処理の技術が利用されている。

しかし、今年の4月にはAppleがこの関係を終わらせるつもりだと発表された。Appleは2年以内に、GPUに使用しているImagination Technologiesの技術を廃止して自社オリジナルのものに置き換える予定だという。これが実現すれば、AppleのデバイスにおけるAR/VRへの対応が近づくのかもしれない。

だが、Imagination Technologies側は「既存の権利を侵害しないような全く新しいGPUアーキテクチャを設計するのは困難だ」としてAppleとさらに交渉を続けるとしていた。

交渉がどのように進んでいるのかは続報がないが、このニュースによってImagination Technologiesの株価は70%下落した。

Furianアーキテクチャのパワー

Appleによる独自アーキテクチャGPUへの移行は2年以内に行われるとされており、詳細な時期は明らかではない。次世代機となるiPhone 8ではImagination Technologiesの技術が引き続き利用されるものと思われるので、今回発表されたチップからiPhone 8の性能を推し量ることができるかもしれない。

新しいFurianGPUアーキテクチャを採用したPowerVR Series8XT GT8525チップによって、モバイルデバイスの解像度はこれまで以上に向上し、より臨場感のあるグラフィックが実現するという。

PowerVRによれば、従来のSeries7XT GT7200チップと比較して50%以上のfps改善が確認されている。業界標準となっているManhattanベンチマークテストや、Antutuベンチマークテストでいずれも50%以上の改善が見られたという。

PPCスループットも2倍(クロックあたり4ピクセルから8ピクセル)に増加している。これにより、より高い解像度を実現できる。同じ解像度で動作させた場合には、パフォーマンスが向上する。

秒間に可能な演算回数も50%向上している。また、コア使用の効率化によってグラフィックスとコンピュータ性能の可能性をギリギリまで引き出せるという。

発表されたチップは、Furianアーキテクチャそのものと一緒に発表された以上の改善がなされているようだ。

iPhoneへの採用は不明

20160720napple2

Furianアーキテクチャを搭載したPowerVR Series8XT GT8525チップは、従来の製品と比較しても優秀な処理能力を発揮している。しかし、このアーキテクチャがiPhone 8に搭載されるかどうかは不明だ。

4月にあったニュースの通り、AppleはImagination Technologiesの技術への依存を断ち切りたいと考えている。そのため、新しいアーキテクチャの採用を見送る可能性もある。これを搭載することでパフォーマンスは向上するが、ますますImagination Technologiesへの依存を強めることになるからだ。

ライセンス関係がどのように変化していくかも不透明だが、iPhoneを含むモバイルデバイスでのAR/VRを変える可能性のある技術には違いない。

 

参照元サイト名:9 to 5 Mac
URL:https://9to5mac.com/2017/05/10/first-mobile-powervr-gpu-w-furian-vrar-suitable-for-iphones-announced-as-apple-plans-to-drop-imagination/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。