VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VR/ARを繋いだ空間で翻訳機能を使い、言語の壁なくコミュニケーションが取れる「Project Sonata」を発表 - VR Inside

VR/ARを繋いだ空間で翻訳機能を使い、言語の壁なくコミュニケーションが取れる「Project Sonata」を発表

   

株式会社グラニは『Grani VR Studio』が開発中の「Project Sonata」を発表した。

「Project Sonata」は基礎機能であるVR/ARをリアルタイムに接続し、拡張現実空間と仮想空間をつないだ空間で翻訳機能を用いてコミュニケーションをとることができるプロダクト。

VR/ARヘッドセットをお互いにかぶることにより、違う空間で翻訳を通して言語の壁なくコミュニケーションができる翻訳機能も備えている。

2017y03m08d_113503221

SXSW 2017デモ開催予定

アメリカ合衆国テキサス州オースティンにて開催中の「SXSW 2017」にて、招待制でデモを開催予定。

デモでは、一部機能の先行公開としてアメリカと日本をつなぎ、 日本語と英語での翻訳体験をご紹介する予定だ。

また、当日はLIVE配信も予定しているようなので、詳しくは公式Twitterアカウント (@sonata_PR)をフォローしてチェックしよう。

Project Sonataとは?

今回初披露となる「Project Sonata」は、日本語で「あなた」を意味する言葉の古典的呼び名「そなた」に「日本 のおもてなしの心を持ちながら、接していく場を作る」という意味が含まれている。 現在はデモ版だが、コミュニケーションを拡張するプロダクトとして2017年末にβ版のリリースを目指している。

● 『Grani VR Studio』ホームページ (日本語):
http://grani.jp/group/vrstudio/ja/

● 「Project Sonata」 ホームページ (英語):
http://connect.sonata.world/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

 関連記事