VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

シネマティックモードの画質向上に3D Blu-ray 対応!PS4ソフトウェア4.50アップデートが本日リリース! - VR Inside

シネマティックモードの画質向上に3D Blu-ray 対応!PS4ソフトウェア4.50アップデートが本日リリース!

     

SonyがPlayStation 4システムの最新ソフトウェアアップデート、バージョン4.50(コードネームSASUKE)のリリースを本日(時間未定)に控え、詳細を発表した。

ps4-update4.50

PS VRアップデート

以前から発表されていたPS VRのBlu-rayサポートや、シネマティックモードの画質改良など、以下のアップデートが行われる。

● TVのソーシャルスクリーンの画質が向上。

今まではPS VRをプレイした後、PS4のホームスクリーンに戻ったときに画質が下がってしまっていたが、アップデート後はVRモードを外した後も画質の低下が起こらなくなる。

PS VRシネマティックモードの画質が向上。

PS VRスクリーンのサイズがSmallかMediumの場合、シネマティックモードでのコンテンツのフレームレートが90Hzから120Hzに上がる。

PS VRシネマティックモードではVR内の大画面で、様々なコンテンツがまるで映画館にいるかのように見ることができる。

今回のアップデートにより画質が上がったことで、より大迫力のシネマ体験がVRでできるようになる。

● Blu-ray 3Dディスクサポートが追加。

Blu-ray 3Dコンテンツがヘッドセットを通してステレオスコーピック3Dで視聴できる。

これにより、3D対応TVがなくてもPS VRでBlu-ray 3D™コンテンツがPS VRヘッドセットで楽しめる。

PS4アップデート

● 外付けHDDサポートの追加

PS4では外付けのハードディスクが使えるようになり、USBストレージにたまったゲームデータなどを移せるようになった。

[設定]>[周辺機器]>[USBストレージ機器]からフォーマットすることで外付けのハードディスクにストレージを拡張できる。

● ホーム画面のカスタム

ホーム画面を撮影したスクリーンショットやダウンロードした画像などでカスタムができるようになった。

設定の仕方は[設定]>[テーマ]>[テーマを選ぶ]>[カスタム]の順に選択していけば、可能になる。

アイコンなどのカラーはPS4が自動で会う色を設定してくれるようになっている。

wallpapercustom-image

PS4のアップデートに関する内容は以下の通りだ。

PS4®「システムソフトウェア バージョン4.50」の主な追加機能

・外付けHDDの拡張ストレージ化
・クイックメニューの操作性を改善
・お知らせのリニューアル
・スクリーンショットをホーム画面や機能画面の背景に設定可能に
・アクティビティーに直接テキストまたはスクリーンショットを投稿可能に
・アクティビティーにアニメ―ションGIFを投稿可能に
・パーティー作成後にパーティーの公開/非公開を変更可能に

PlayStaion 4 Proアップデート

さらにPlayStation 4 ProではPro限定で「ブーストモード」が追加される。

ブーストモードはPlayStation 4 Pro向けにアップデートされていないタイトルをプレイするために開発されたモードで、これを使えば過去のソフトウェアタイトルでも高速なCPUとGPUのパワーを活かし、パフォーマンスをさらに引き出してプレイすることができる。

ブログによれば、可変レームレートを採用している一部タイトルにおいてフレームレートを向上させることができるほか、30Hzまたは60Hzで動作するようプログラミングされているソフトウェアでは、フレームレートの安定化がはかれる。

また、全てのタイトルに対応しているわけではないがロード時間を短くすることもできる。

ブースドモードは、[設定]>[システム]>[ブーストモード]を選択することで設定が可能になる。

PS4 4.50アップデートの詳細はこちら: https://www.jp.playstation.com/blog/detail/4488/20170203-ps4.html

参照元URL: https://blog.eu.playstation.com/2017/03/08/ps4-system-software-update-4-50-is-out-tomorrow-heres-everything-you-need-to-know/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。