VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

登場から3ヶ月、PSVRオススメソフトBEST5を紹介 - VR Inside

登場から3ヶ月、PSVRオススメソフトBEST5を紹介

        2017/03/20

1月26日に再販も開始され、ますますの普及が進むPSVR

そこで、今回はPSVR登場から3ヶ月経過したなかで個人的におススメな5タイトルを紹介したいと思います。

DRIVECLUB™ VR

DRIVECLUB™ VR

基本情報

配信元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016.11.17発売、43件の★評価

グランツーリスモSPORTが2017年内に発売予定ですが、現状で遊べるレーシングVRだと本作がおススメです。

世界の超高級マシンに乗ってレースバトルが楽しめ、車体を眺めることができる観覧モードや街中を疾走する市街コースも追加されたリアルドライビングソフトに仕上がっています。

PlayStation®Plusへの加入でオンラインマルチプレイも可能です。

2月1日まで30%割引(3704円)でお求めいただけます。

プレイ動画

プレイ動画は以下でご確認ください。

ダウンロード

アプリのダウンロードはこちら

BIOHAZARD 7 resident evil

BIOHAZARD 7 resident evil

基本情報

配信元:カプコン
2017.01.26発売、52件の★評価

PSVR再販に合わせて発売されたバイオハザードのVR版。

「サバイバルホラー」として探索の緊張感、謎解き要素も強く、単純にドンパチするだけではないのが特徴のソフト。

座っているだけなのにあまりの没入感に汗だくになるほどのスリルがある本作を是非ご堪能ください。

プレイ動画

プレイ動画は以下でご確認ください。

ダウンロード

アプリのダウンロードはこちら

バットマン:アーカム VR

基本情報

配信元:ワーナーブラザースジャパン合同会社
2016.10.13発売、144件の★評価

バットマンになりきることができるスーパーヒーロー体験VRとして価値ある本作をおススメさせていただきます。

物語の設定はアーカムの謎に立ち向かう世界一の探偵として、ゴッサム・シティで活動するというもの。

冒頭でバットマンに変身した自らの姿を鏡で確認・ポーズをとれる箇所があり、非常に感動し、筋骨隆々の体に見とれてながら何度もポーズをとってしまいます。頭にヘッドセットを着用していることも、バットスーツを着ている感の演出につながり、体感性はMAXです。

約90分で完結するストーリーで酔いもなく遊びやすいコンテンツなのでVRを始めてやる方にも最適なコンテンツです。

プレイ動画

プレイ動画は以下でご確認ください。

ダウンロード

アプリのダウンロードはこちら

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

基本情報

配信元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
2016.10.13発売、520件の★評価

アニメ・2次元の世界に入り込める点もVRならではの良点。

シンデレラガールズ1stLIVEの会場となる「舞浜アンフィシアター」のステージで最大9人のアイドル達がライブを行います。

楽曲に合わせ、コンサートにあたかも参加しているかのような高い体感性を得られ、ファンにはたまらない一作となっています。

プレイ動画

プレイ動画は以下でご確認ください。

ダウンロード

アプリのダウンロードはこちら

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム

基本情報

配信元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
2016.10.13発売、1215件の★評価

もっとも人気なのはやはりサマーレッスン。宮本ひかりの家庭教師を務める設定のシミュレーションVRで、若い女の子との二人の空間を堪能でき、どこか懐かしい甘酸っぱい経験が蘇ります。

追加コンテンツも続々と公開され、シチュエーションを増やすことでマネタイズとソフト継続率の持続にも成功している感のある本作です。

プレイ動画

プレイ動画は以下でご確認ください。

ダウンロード

アプリのダウンロードはこちら

まとめ

以上、さまざまなジャンルの中でのおススメコンテンツをチョイスしてみました。

今後の配信予定

ファイナルファンタジーXV

今後もPSVRにはファイナルファンタジーXVや鉄拳7、サイバーダンガンロンパVR 学級裁判(デモ版は配信済)などのビックタイトルが対応される予定で非常に楽しみなプラットフォームです。

最新情報は当サイトでどこよりも早く紹介していきます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

トモ

Writer: 何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。