VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「リビングで一緒にVR体験をするならPSVR」の理由 - VR Inside

「リビングで一緒にVR体験をするならPSVR」の理由

   

みんなでPSVR

UploadVRがPSVRの優れた部分を論じる記事を掲載している。各ヘッドセットにはそれぞれの特長があるが、PSVRにはVR体験を一緒にいる人と共有できるという利点もある。

最近発表された統計によれば、2016年に最も売れた(売上の大きい)VRヘッドセットはGear VRだった。出荷台数で見れば、Cardboardがトップとなる。これには価格が安いことや、普段使っているスマートフォンをセットするだけで使えるモバイルVRヘッドセットならではの手軽さが関係しているだろう。

比較的価格の高い主要なヘッドセットの中で見ると、特に人気があるのはPSVRだ。ハイスペックPCを用意しなくても、リビングにあるPS4で利用できることや、Vive・Riftに比べると価格が安いこと、充実した対応タイトルなどがその理由だと考えられる。

加えて、PSVRでのVR体験は「他人と共有しやすい」こともその理由かもしれない。

ヘッドセットの内と外

Keep Talking and Nobody Explodes

UploadVRは、『Keep Talking and Nobody Explodes』のようなタイトルに注目している。同作はヘッドセットを付けたプレイヤーだけがゲーム画面を見て、それ以外のプレイヤーは言葉での説明を聞きながら遊ぶ協力ゲームだ。

『Mass Exodus』は、ヘッドセット着用者とディスプレイを見ているプレイヤーが隠れる側と見つける側になって対決する非対称ゲームだ。相手の見ているものが見えないからこそ成り立つゲームである。こういった作品は、VR体験をみんなで楽しむアイデアタイトルと言える。

一般的に、ヘッドセットを使ったVR体験はユーザを周囲のリアルな世界から切り離すものだ。VR世界に没入させる意味では、ヘッドセットで周囲が見えず、ヘッドホンで周囲の音が聞こえない状態は都合が良い。だが、その状態では同じ部屋に居る友人とのコミュニケーションも取りにくい。

ユーザが自分の周りで何が起きているのかを見るためには、いちいちヘッドセットを外さなくてはならない。逆に周囲の友人からは、ヘッドセットを付けたユーザが何を見ているのかが分からない。それぞれが別の世界を見ているので、VR体験を共有しにくいのは当然のことだ。しかし、PSVRは少し違う。

PSVRのヘッドセットは、手で掴んでスライドさせることができるようになっている。ちょうどメガネをずらすように、ヘッドセットを少し動かすだけで部屋の中を見ることができるのだ。この構造のおかげで、ユーザは簡単にVRから抜け出してリアルの室内を見ることができる。

周囲の友人がユーザと同じものを見られるのも特徴だ。PS4に接続されたテレビには、特別な設定をしなくてもゲームやアプリケーションの画面が表示される。

ViveやRiftでもPC画面とヘッドセットの映像を同期させられるが、自分で正しく設定する必要がある。また、家族や友人と集まるリビングにVR用の大きなPCを置いているユーザは多くないだろう。対照的に、PS4は家庭の大画面テレビと接続されていることが多い。

PSVRは、VR世界の映像をヘッドセット着用者とそれ以外の人で共有するのが簡単なシステムなのだ。

体験をシェアする

PSVRを付けた男性

音声

PSVRで共有されるのは、映像だけではない。音声に関しても、テレビとヘッドセット側のオーディオジャック双方に向けて出力される。

PCで同様の設定にすることも可能だが、そのためには既定のサウンドデバイスをいじる必要がある(環境もある)。スピーカーとヘッドセットから音を出す設定にすることができないわけではないが、簡単とは言いにくい。

PSVRなら繋ぐだけである。ほとんどデフォルトのままで正しく動作するはずだ。

コントローラー

プレイヤーがゲームを操作する方法もポイントとなる。もしPCベースのVRゲームを二人以上でプレイするなら、モーションコントローラーとマウス&キーボードやゲームパッドを組み合わせることになるだろう。

多くの場合、1台のパソコンには1セットのマウスとキーボードしかない。ゲームパッドを持っていないPCユーザも多いので、新しく購入しないといけないかもしれない。

PSVRユーザならば、誰でも1台以上のDualshock 4コントローラーを持っているはずだ。さらに、Playroom VRのようなローカルマルチプレイを前提としたVRゲームではコントローラーを使わずに遊ぶ方法が模索されている。

 

PSVRがベストなヘッドセットというわけではない。例えば、PS MoveコントローラーのカメラとLEDによるトラッキングは、精度が低い。部屋の照明によっては上手く動作しないことがあり、プレイヤーの身体によってカメラとLEDの間が遮られてしまえば反応しなくなる。

そういった問題を抱えてはいるが、PSVRがVR体験を共有しやすく、ローカルマルチプレイを楽しみやすいハードであることは確かだ。その理由はリビングに置かれていることが多い家庭用ゲーム機を母艦とすることやデフォルト設定の使いやすさである。

オンラインマルチプレイだけでなくローカルマルチプレイを考えた場合、PSVRのヘッドセットのようなすぐにリアル世界を見られる仕組みがあれば便利だ。没入感の高さはVRヘッドセットにとって重要だが、必要なときにVRから外を覗けるのはプラスになりえる。細かなことと思えるかもしれないが、ソーシャル性はVR産業そのものの成否を決めるかもしれない。

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/sony-psvr-local-social-vr/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。