VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

PSVR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定 - VR Inside

PSVR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定

        2017/04/25

Starblood Arena

WhiteMoon Dreamsが開発した、PlayStation VR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定された。

『Starblood Arena』について

Starblood Arena

『Starblood Arena』とは、WhiteMoon Dreamsが開発したアクションシューティングゲームで、宇宙船のようなメカを操縦して敵と戦うゲームである。

プレイヤーは、全9体の宇宙船(キャラクター)から自分の好むプレイスタイルの特徴を持つキャラクターを見つける楽しみがあり、ベースがある上で、それぞれの宇宙船には特徴がある。

ベースとは、シールドや銃(二つまで所持できる)、ミサイルや地雷、エンジンである。

例えば「Gundo」と言うサイボーグのパイロットであるキャラクターは、「何においても素晴らしい」平均的なタイプで、「Buck」と言う巨大な青いエイリアンは、自分の宇宙船に大きな銃を取り付けることができる。

Gundo以外はベースのどこかが突出しており、攻撃や守り、スピードなど、自分が重視したいところが強いキャラを選ぶということである。

ゲームモードはチームデスマッチモード(集団対集団)や、バトルロイヤルモード(全員敵)があり、シングルプレイだけでなく、2人から8人でのプレイができるマルチプレイもある。

下のトレイラーを見るとわかるように、プレイヤーは宇宙船のようなものを操作し、障害物なども多いアリーナで戦闘を繰り広げる。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/04/starblood-arena-goes-gold-new-features-trailer-released/

シューティングゲーム関連記事

Serious Sam VR: The First Encounter

この作品は、全世界のの人類そして未来を託され男が、古代エジプトを舞台に、大量のモンスターを銃などで倒して進めていく1人称、FPSシューティングゲームになっている。

【HTC VIVE】Serious Sam VR: The First Encounter〜往年の名作FPSをVR化。リアリティより爽快感とインパクトを超重視した衝撃FPS

Overkill VR:

アーケードゲームのような体験を提供する、FPSガンシューティングゲーム、単純に攻撃する、攻撃を避けるだけではなく、しゃがんでみたり、隠れてみたりと様々なアクション要素も含まれていながら、酔いは余り感じる事なくプレイできるのが特徴である。

【HTC VIVE】Overkill VR: ストレスない体感性とガンシューティングとしての爽快感を兼ねた第一級のVRシューター

Robotic Apocalypse VR

多くのロボットからの攻撃を回避して倒していく、FPSシューティングゲームである。

価格が500円を切る事もあることから、値段相応の期待度で購入して遊べば、満足できるのではないかと思う。

【Oculus】Robotic Apocalypse VR~移動方式にオプションがあればより多くの人に遊んでもらえるかもしれないFPS

Robo Recall

Epic Gameが開発・配信している大作であり、SF映画のワンシーンに入りこんだかなのような臨場感で、殺人ロボットたちを倒していくFPSガンシューティングゲーム。

やはりマーケットの評価数も他のゲームと1桁違い、かなりクオリティーの高いゲームとして提供されている。

【Oculus】Robo Recall~トップレベルのかっこよさ!素早いアクションが高評価のFPS

The Art of Fight | 4vs4 Fast-Paced FPS

4VS4でマルチプレイ対戦ができる、FPSガンシューティングゲーム。

武器の種類もかなり多く準備されており、中には日本刀も準備されているので単純なガンシューティングではない。

価格は、約2,500円と安くはないが、1人でのプレイが寂しいならおすすめではないでしょうか?

【HTC VIVE/Oculus】The Art of Fight | 4vs4 Fast-Paced FPS~VRで他人と思いっきり遊ぼう!マルチプレイが存分に活かされた対戦型シューティング

Spooky Night

ホラーなのであるが、キャラクターはコミカルで独特の世界観を作り上げているFPSシューティングゲーム。

ジャンルの表現としては、FPSシューティングとしているが、実際にお化けへの攻撃はパンチのみと、アクションゲームのような要素も強くなっている作品である。

【HTC VIVE】Spooky Night〜ホラーをユーモラスに描いた世界観が魅力のシューティングゲーム

 

上記、シューティングから何作品か紹介したが、見ての通りFPSシューティングが非常に多い、既にVRのコンテンツマーケットの中では、このジャンルはレッドオーシャンになりつつあるのでは、ないかと思われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。