VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

PSVR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定 - VR Inside

PSVR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定

     

Starblood Arena

WhiteMoon Dreamsが開発した、PlayStation VR対応のシューティングゲーム『Starblood Arena』が4月11日に配信が決定された。

『Starblood Arena』について

Starblood Arena

『Starblood Arena』とは、WhiteMoon Dreamsが開発したアクションシューティングゲームで、宇宙船のようなメカを操縦して敵と戦うゲームである。

プレイヤーは、全9体の宇宙船(キャラクター)から自分の好むプレイスタイルの特徴を持つキャラクターを見つける楽しみがあり、ベースがある上で、それぞれの宇宙船には特徴がある。

ベースとは、シールドや銃(二つまで所持できる)、ミサイルや地雷、エンジンである。

例えば「Gundo」と言うサイボーグのパイロットであるキャラクターは、「何においても素晴らしい」平均的なタイプで、「Buck」と言う巨大な青いエイリアンは、自分の宇宙船に大きな銃を取り付けることができる。

Gundo以外はベースのどこかが突出しており、攻撃や守り、スピードなど、自分が重視したいところが強いキャラを選ぶということである。

ゲームモードはチームデスマッチモード(集団対集団)や、バトルロイヤルモード(全員敵)があり、シングルプレイだけでなく、2人から8人でのプレイができるマルチプレイもある。

下のトレイラーを見るとわかるように、プレイヤーは宇宙船のようなものを操作し、障害物なども多いアリーナで戦闘を繰り広げる。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/04/starblood-arena-goes-gold-new-features-trailer-released/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。