VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRアニメ「Raising A Rukus」、Gear VRで視聴可能に - VR Inside

VRアニメ「Raising A Rukus」、Gear VRで視聴可能に

        2017/06/20

Raising-a-Rukus-1024x585

VRアニメーション"Raising A Rukus"がGear VRで視聴できるようになった。

Oculus Storeからダウンロードすることが出来、価格は390円。

対応プラットフォームはGear VRだが、Galaxy S8およびS8+には現在のところ未対応(後日対応予定)

対応言語は英語のみとなる。

Raising A Rukusとは

Raising A RukusはVirtual Reality Companyが制作したVRアニメーションで、ファミリー向けのアクション、アドベンチャー作品だ。

主人公である双子の兄弟、AmyとJonas、そして彼らのペットであるやんちゃな性格の犬、Rukusが有史以前の恐竜時代にタイムスリップする。

視聴者は駆け回るRukusの姿、次々と現れる骨の恐竜、荒れ狂う川を渡りながら、物語がやがてRukusが抱くある一つのプランにたどり着くのを目撃する。

Twins Amy and Jonas just found a dog - or did he find them? Either way, Rukus has a magical secret – he’s about to take them to a whole new world. “Raising a Rukus” is a first of its kind animated VR experience from the Academy Award winner Robert Stromberg and The Virtual Reality Company. (PRNewsfoto/The Virtual Reality Company)

Twins Amy and Jonas just found a dog - or did he find them? Either way, Rukus has a magical secret – he’s about to take them to a whole new world. “Raising a Rukus” is a first of its kind animated VR experience from the Academy Award winner Robert Stromberg and The Virtual Reality Company. (PRNewsfoto/The Virtual Reality Company)

プロデュースはRobert Strombergによるもので、「アバター」のプロデュースを務め、過去に2回アカデミー賞を受賞している敏腕プロデューサーだ。

彼は本作のリリースに際して以下のようにコメントしている。

この作品の目的は普遍的なテーマを基にしたストーリーを創り出すことであり、それに紐づく真理を描き出すことですが、それは単純に観客を教育したり楽しませることだけにとどまりません。私たちが望んでいるのは、本作に登場する数々のかわいらしいキャラクターに観客が感情移入してくれることなのです。そしてそこから何かを学び、何かを得てほしいのです。
私たちはVRという新しいテクノロジーの開拓期にいるのです。私にとっては、かつて「アバター」を制作していた時に通じるものがあります。Virtual Reality Companyには、発明とイノベーションが絶えることのない環境があります。VRがストーリーテリングにもたらし得る、アーティスティックで、技術的なポテンシャルを研究し、推し進めています。

著名なスタジオやプロデューサーが参加することで、VR映画は今後ますます進化を遂げそうだ。

斬新なストーリーテリング

Raising A Rukusには、従来の映画にはなかった新しいストーリーテリングの手法が採用されている。

それは"Branching Narrative"といい、ユーザーの選択によって物語の進行が変化する、というものだ。

RPGなどで選択肢によってゲームの展開が変わるように、Raising A Rukusのストーリーも視聴者のインタラクションによって展開が変化する。

物語の特定の部分において、AmyもしくはJonas、どちらかのキャラクターの冒険を選ぶことが出来、視線で選択肢を選ぶことができる。

映画館のように大人数で一つの画面を共有するのではなく、VRという視聴者にパーソナライズされた方法だからこそ可能になる新しい映画の鑑賞方法は、これからの映画の将来の可能性を感じさせてくれる。

Raising A RukusはGear VRユーザーなら誰でもダウンロードして視聴することが出来るが、ロサンゼルスにあるIMAX VRセンターでも鑑賞することができる。

IMAX VRセンターとは

213

IMAX VRセンターとはカナダのIMAX社が運営するVR体験施設だ。

内部は体験ポッドと呼ばれる個室スペースで仕切られており、視聴者はそこで様々なVRタイトルを体験できる。

常設されている機器はHTC ViveOculus Riftをはじめ、これら2つよりもハイスペックであるStarVRも備えている。

20170117_imaxvr_2-650x366

IMAX VRセンターは現在パイロット版であり、ロサンゼルスのみで運用されているが、今後は日本も含め全世界規模での展開を予定している。

ロサンゼルスでのIMAX VRセンターの体験レポートは本メディアでも扱っている。

今後、VRを使用した映画の認知度が高まり、数多くの作品が制作されることによって、このようなハイクオリティのVR体験施設も数多く登場することが予想される。

VRだからこそ可能な新しい映画体験によって生み出される新しいジャンルに、今後も注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。