VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRオブジェクトの形を再現できるReVealシステム - VR Inside

VRオブジェクトの形を再現できるReVealシステム

     

ReVeal

ReVealがオブジェクトの形を再現する

VR空間を見て、聞いて、さらにはオブジェクトに触ったり嗅いだりできるデバイスの開発が進められている。

特に手で触れる感覚を再現するハプティックフィードバックデバイスは多数研究されているが、そのほとんどは手袋やスーツにモーターや圧力を生み出す装置が内蔵されたものだ。

指を動かすときに反発したり、スーツ内部の装置が動いて圧力がかかれば触れている感覚になるが、ReVealシステムならばそれよりもリアルにオブジェクトに触れる感覚を再現できる。

実際に装置の形が変化するのだから、もっともリアルな再現方法になるはずだ。

VRオブジェクトに触れる

手袋型デバイス

身体に当たる風や踏みしめる地面の感触まで得られればVRはより現実に近い体験になるが、まず再現しなければならないのは手でVRオブジェクトに触れる感覚だ。

道具を持ったり、扉を明けたり、VRのキャラクターに触れるときにも最も頻繁に使われるのが手である。手でオブジェクトに触れることができるようになるだけでも、没入感は格段に増す。

それを実現しようとしているのが手袋型のデバイスたちだ。

手袋型のデバイスはフィンガートラッキングコントローラーとしても有効だが、指の動きを制限するモーターが搭載されればそれ以上の役割を果たしてくれる。

柔らかさ・硬さを生み出す

ハンドトラッキングコントローラーを使ってVRオブジェクトを掴むには、目当てのものに手を伸ばしてボタンを押す。フィンガートラッキングシステムを使うならばボタンは不要なので、手を伸ばして指を曲げることになるだろう。

だが、実際に指を曲げてもそこにオブジェクトは存在しない。硬さも重さも無いのでユーザは握っているポーズをしているような状態になり、没入感が損なわれてしまう。

このとき触れる感覚を再現できる手袋型デバイスがあれば、モーターによって指の動きを制限することでオブジェクトの硬さを再現してくれる。ボールを掴めば確かな手応えがあり、動物を抱き上げれば少し抵抗感が生み出されるはずだ。

フィードバックを作り出す方法も多様になっており、シンプルにモーターで力を加えるものの他にも空気圧を使って柔らかく圧力を生み出すもの、特殊なチェンバーによって柔らかな素材でありながら反発を感じさせるものなどがある。

腕へ、全身へ

その先にあるのが腕や全身へのフィードバックだ。

モーターを内蔵したスーツを使うか電極によって腕の筋肉を刺激すれば、VRオブジェクトを持ち上げた時に重さを感じさせることも可能になる。

全身を覆ってしまうハプティックフィードバックシステムなら、足元の感触まで同時に作り出すことができる。

VRオブジェクトを作る

球体を再現する様子

球体を再現する様子

形を作る

多くのハプティックフィードバックデバイスでは、いかにして存在しないVRオブジェクトに触れたと錯覚させるかを考えている。

だが、このデバイスは錯覚ではなく実際にオブジェクトの形をその場に作り出してしまうものだ。この方法ならば、本物の「触れた感覚」を与えることができる。

MITの研究者が示したシステムは、MIT Media Labが3年前に動画を公開したTransformシステムを進化させたものだ。

Transformシステムでは据え置き型の大型のデバイスだったが、今回公開されたReVealシステムでは形状を再現する部分が人間の手くらいのサイズに小型化されている。

Transformシステムに比べるとReVealシステムでは大きなオブジェクトの形を再現できないが、こちらには移動させられるという強みがある。手を乗せて動かすことで、かえって広い範囲のオブジェクトを再現できるのだ。

硬さの再現

ReVealシステムは形を再現することを目的にしているが、手を押す圧力を変化させればオブジェクトの硬さ・柔らかさまで再現できるかもしれない。

手元にReVealシステムがあると操作しにくいのでそのままゲーム用のデバイスにするのは難しいが、VRゲームではなく体験型のVRコンテンツでは利用できるかもしれない。

また、より細かい形を再現することもできるはずだ。動画では比較的大きなピンでVRオブジェクトの大まかな形だけが再現されているが、細かなパーツを使えばさらに解像度の高い再現が可能になるだろう。

展開の予定

可能性のあるデバイスではあるが、残念ながらReVealシステムの商業化やラボ以外への展開の予定は無いという。

現時点では、純粋な研究プロジェクトとなっている。

VRオブジェクトに触れたいという要望は強いので研究が進めば商業化のアイデアも出てくるかもしれないが、すぐにこのシステムを手に入れることはできないようだ。

 

参照元サイト名:Tech Crunch
URL:https://techcrunch.com/2017/07/17/this-shape-display-robot-follows-your-hand-and-simulates-the-surface-youre-touching-in-vr/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。