VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

次世代のGear VRは視線と顔のトラッキングが可能になるかもしれない

   

Gear VR

SamsungがモバイルVRでの位置と視線のトラッキング、さらには表情を監視する機能の特許を出願した。

 

第一世代のVRヘッドセットが消費者に定着しており、メーカーが次世代技術へと目を向けるときが近づいている。Samsungが5月に提出した出願した特許からは、同社が次のGear VRに向けて新たなトラッキング技術を用意している可能性が明らかになった。

この文書によれば、Samsungの次のヘッドセットに採用されるであろう主な新機能は、アイトラッキングと顔のモニタリング機能、そして三次元空間におけるヘッドセットの位置をトラッキングする新しいセンサーである。これによって、次のGear VRでの体験は動けないものではなく、コントローラーなしで3Dの仮想空間を歩き回れるものになる。Gear VRの位置トラッキング技術にはLEDライトと外部カメラが使われる。着用者の顔や目は、ヘッドセット内部に組み込まれたカメラによって監視されることになる。

サムスン特許資料

110:ヘッドマウントデバイス 115a:トラッキングカメラ

特許にある表情監視機能が有効なものであるかは不明だ。インタラクションがよりリアルなものになるのだろうか? 一方で、アイトラッキングは言うまでもなく有用である。着用者の視線の先を優先してレンダリングすれば良いので、モバイルデバイスの制限要因となるGPUの負荷を軽減することができる。

サムスンの特許資料

1605:EOGセンサー 1610:IR LED 1615:IRセンサー

当然ながら、特許を出願したからといってSamsungがこれらの技術のいずれかを次のGear VRに実装するとは限らない。しかし、同社が取り組んでいる技術の方向性を示すものではある。2017年のどこかで、面白いヘッドセットがリリースされるのではないだろうか。

 

参照元サイト名:vrsource
URL:http://vrsource.com/samsung-gear-vr-eye-tracking-patent-6955/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

 関連記事