VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Samsung、クモ恐怖症克服アプリ「Itsy」によるVRセラピーを開始 - VR Inside

Samsung、クモ恐怖症克服アプリ「Itsy」によるVRセラピーを開始

        2016/08/31

Samsungが、2016年3月に発表したGear VR対応のクモ恐怖症を克服できるアプリ「Itsy」を使って社員でセラピーを試みた。

"Face Your Fear"と呼ばれるこのセラピーの最終的な目標は、クモに触れられるようにすることだ。

Samsung Nordicの社内調査の結果、25%の社員がクモ恐怖症であることが判り、3時間でこの恐怖症を克服することが可能なのか実験を行った。

デンマーク、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンから一人ずつボランティアをつのり、Itsyを3時間、恐怖を克服できるかどうか様子をみながらやってもらった。

彼らにはまずタランチュラに歩み寄ってそれぞれどれくらい近づけたかを測定し、Itsyをプレイした後に同様のことをしてもらうという実験の結果、全員がItsyをプレイした後の2回目にはタランチュラに近づくことができるようになったのだ。

このトレーラーでその様子を見ることができる。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=iNk80PUSsDI?list=PLClMJkJnjHH9ZLCzZCJiMmSvGIFHksHCp&w=560&h=315]

Itsyはストックホルム大学の学者の協力で作られており、最初はおもちゃのクモのデザインから始まり、ゲームが進むごとにクモがリアルになっていくしかけになっている。

Samsung-Itsy

Samsung-Itsy

クモ恐怖症改善のためのアプリはItsyだけではない。
先月、IgnisVRはOculus RiftとHTC Vive向けのArachnophobiaというアプリを販売した。

今後もクモだけに限らずこのような恐怖症克服アプリが登場することでVRの新たな分野での活躍が期待される。

参照元サイト名:vrfocus.com
URL : http://www.vrfocus.com/2016/07/samsung-tries-to-cure-arachnophobia-with-face-your-fear-vr-experiment/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。