VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

伊豆・三津シーパラダイスにてARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用 - VR Inside

伊豆・三津シーパラダイスにてARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用

     

伊豆・三津シーパラダイスにてARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井陽介 以下、アララ)は、伊豆箱根鉄道株式会社 (本社:静岡県三島市、代表取締役社長:伍堂文康 以下、伊豆箱根鉄道)が展開する水族館「伊豆・三津シーパラダイス」において、7月15日(土)よりアララが提供するスマートフォン向けARプラットフォームアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表した。

伊豆・三津シーパラダイスにてARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用

“みとしー”の愛称で親しまれている静岡県の水族館 「伊豆・三津シーパラダイス」は、今回、開館40 周年を記念し、展示スペースをリニューアルしたということだ。

7月15日(土)より、新しい展示スペースとして川の遊び場「イズリバ」をオープンするという。

これに伴い、来場者が楽しめる施策として、ARアプリ「ARAPPLI」が採用されたということである。

今回起用されたAR施策は2種類。

デジタルカード「フィッシュコレクションカード」では、館内に設置されたマーカーに「ARAPPLI」をかざすと、様々な魚の情報が記載されたカードがランダムに出現し、全20種のカードをコレクションすることができるということだ。

また、「3Dうちっちー」では、公式キャラクター”うちっちー”のサインに「ARAPPLI」をかざすと、スマートフォンのカメラ上に”うちっちー”の3DCGが出現するという。

水族館を背景に”うちっちー”との写真撮影を楽しめる内容となっているとのことだ。

ARコンテンツ概要

1)「フィッシュコレクションカード」

“魚のシルエット”のARマーカーに「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、水辺の生き物を題材としたデジタルカードが出現し、コレクションすることができるということである。

全20種類のカードは、ランダムに出現するため、出現率がわずか10%の希少な深海生物のレアカードも用意されているという。

子ども達のコレクション欲を刺激する仕組みとなっているとのことだ。

2)「3Dうちっちー」

“うちっちー”のサインにスマートフォンをかざすと、リアルな”うちっちー”の3Dモデルが出現するとのことだ。

水族館を背景に”うちっちー”との写真撮影を楽しめるという。

撮影した写真はカメラロールに保存され、SNSでシェアする事も可能であるということだ。

(伊豆・三津シーパラダイス) ARの楽しみ方概要

1)「ARAPPLI」を起動し、水族館内の“魚のシルエット”または“うちっちー”のサイン”をスキャン。

2)“うちっちー”のサインをスキャンすると、3DCGの“うちっちー”ARが登場するということである。

“魚のシルエット”をスキャンすると、ランダムで「フィッシュコレクションカード」が出現。

「フィッシュコレクションカード」は、マーカーをスキャンするたびに異なるカードを獲得できるという。

3)写真ボタンを押して、記念撮影を楽しむことができるということだ。

「ARAPPLI」について

ARプラットフォームアプリ「ARAPPLI」は、アップデートにより画像認識性能を強化。

初めてARに触れるエンドユーザーにも優しい、シンプルなUI、分かりやすい操作性で、企業のキャンペーンを支援するという。

豊富なAR機能でさまざまなタイプのキャンペーンに対応可能であるということだ。

【価格】 :無料

【対応機種】:iOS端末(iOS7以上)、Android端末(Android4.0以上)※タブレット未対応

【App Store】:

https://itunes.apple.com/jp/app/arappli-ar-kuo-zhang-xian/id408164307?mt=8

【Google Play】:

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.arara.arappli&hl=ja

【公式サイト】 :

http://www.arappli.com/

伊豆・三津シーパラダイスについて

1930年に現在の伊豆・三津シーパラダイスの前身「中之島水族館」を開業し、バンドウイルカを日本で初めて飼育したり、ジンベエザメやミンククジラの飼育を行ったりと世界的にも貴重な実績を残してきた水族館である。

1977年に名前を「伊豆・三津シーパラダイス」と改め、セイウチやラッコの飼育も日本で初めて手がけているということだ。

動物たちの素晴らしい能力を伝えるため、ショー・パフォーマンスをはじめ、移動水族館や学校教育機関へ赴き、教育活動にも力を入れているという。

近年では公式キャラクター“うちっちー”が人気アニメに登場するなど、ネット上でも”うちっちー”人気に火が付いているとのことだ。

【公式サイト】http://www.izuhakone.co.jp/seapara/

アララ株式会社 会社概要

会 社 名:アララ株式会社(arara inc.)

U R L :https://www.arara.com/

所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館

設 立:2006年8月16日

資 本 金:331,500,000円

代表取締役:岩井 陽介

事業内容:

【カード事業】 電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む
統合型販促パッケージ「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供

【メール事業】高速メール配信サービス「アララ メッセージングソリューション」の開発・提供

【データセキュリティ事業】 個人情報検出ソリューション「P-Pointer」シリーズの開発・提供

【AR事業】 AR技術を採用した「ARAPPLI」「arara SIGNAGE」「marcs」、及びそれに関わるSIの企画・開発・提供

【スマートフォン事業】 スマートフォン向けアプリ「Q」の企画・開発・提供

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当