VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

SFアドベンチャーゲーム『Obduction』が3月22日からHTC社のVIVEとOculus Touchに対応開始 - VR Inside

SFアドベンチャーゲーム『Obduction』が3月22日からHTC社のVIVEとOculus Touchに対応開始

     

obduction

SFアドベンチャーゲーム『Obduction』が、3月22日からHTC社のVIVEとOculus Touchに、対応が開始されることが明らかとなった。

『Obduction』について

『Obduction』は、MystやRivenなどで有名なVRスタジオCyanによって昨年2016年の夏に、Oculus Riftに対応して配信が開始されたSFアドベンチャーゲームである。

そして2016年11月、HTC社のVIVE、Oculus Touch、そしてPlayStation VRへの対応が2017年に始まることが発表されていた。

そして今回、ついにHTC社のVIVE、Oculus Touchに対応した二つが3月22日に配信が開始されることが発表された。

Oculus Storeでは29.99ドル、または22.99ポンドで配信。

既にこのタイトルを購入済みの人は、無料で二つのサポートを得ることができる。

なお、PlayStation VR対応版の配信日は未だ公開されていない。

Steamでのダウンロードは下記のリンクから。
http://store.steampowered.com/app/306760/?l=japanese

『Obduction』の始まり

『Obduction』は2013年、キックスターターでクラウドファンディングの資金を募っていた作品である。

目標金額は110万ドル(約1億1千万円)だったが、それを大きく上回り、130万ドル(約1億3千万円)の資金を獲得している。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/02/vive-and-touch-support-coming-to-sci-fi-adventure-obduction-in-march/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。