VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ローグライクなVRシューティングゲーム「EVERSPACE」、RiftとViveに対応 - VR Inside

ローグライクなVRシューティングゲーム「EVERSPACE」、RiftとViveに対応

        2017/06/20

ss_5e2d850886f56355a8244e22bf53864b6de54d9f.1920x1080

ドイツのゲーム制作会社、ROCKFISH Gamesから"EVERSPACE"がリリースされた。

ローグライクな3Dスペースシューターであり、対応プラットフォームはHTC ViveOculus Rift

対応言語は英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語で、価格は2,980円、Steamの公式サイトからダウンロードすることができる。

EVERSPACEとは

EVERSPACE-v1-Gameplay-Screenshot-03

本作はもともとXBox対応のソフトとして開発されたが、今回のアップグレードによってVRに対応することになった。

宇宙空間を舞台とする本作はカラフルな世界観とリアルなグラフィックが魅力であり、かつ独特のゲームデザインによってプレイヤーをハマらせる工夫がされている。

ゲームのルール

戦闘機を操縦して敵を破壊しながら宇宙空間を探索し、資源を集めて戦闘機を強化することによって次のステージへ進むという、基本的にはシンプルなゲームであり、敵の戦闘機や宇宙船を破壊すると資源が浮かび、これらを集めることによって武器や戦闘機をアップグレードし、さらに次のステージへ進む。

それぞれのステージには7つほどのフィールドが設定されており、最初のフィールドから次のそれへと進み、最後のフィールドをクリアしてゲートをくぐると次のステージへと移り、ミサイルやガトリングガンで敵機を撃ち落としていくのだが、それぞれの武器の威力は強力であり、敵機を次々と撃ち落としていく時の爽快感もEVERSPACEの魅力の一つだ。

ゲームはシングルプレイであり、コントロールはゲームパッドで行うことが出来るが、2D画面でもプレイすることが出来るため、その際はキーボードとマウスによるプレイが推奨されており、6DOFによるゲーム空間内の自由な動きをスムーズに行うことができる。

繰り返しプレイしたくなる独特なゲームデザイン

しかし難易度は高く、初心者であれば最初のステージをクリアするのがやっと、というハイレベルのゲームであるが、他のシューティングゲームと比べて独特なのは、ゲームオーバーすることによって成長することができ、次のプレイでは前回よりも強くなった状態でプレイできる、という設定であるため、したがってゲームオーバーすればするほど強くなるために何度でもプレイしたくなる。

ゲームプレイ中に得たお金はゲームオーバー後の成長画面まで持ち越すことが出来、そこで装備や戦闘機の性能を強化できるのであるが、基本的にそのステージで得たお金が使えるのはプレイしているステージのみで、クリア後に持ち越すことはできない仕様になっている。

全ステージをクリアすることが本作のゴールであるが、ゴール後も装備をアップグレードしたりあらたな装備や武器のアンロックが出来るなど、繰り返しプレイできるためのゲームデザインがなされており、また敵の配置や動きはランダム設定されているので、プレイごとに新鮮な感覚を体験することができる。

高画質なグラフィック

EVERSPACEはUnreal 4によって描かれたきわめて精緻でリアルなグラフィックが特徴で、アニメーションも作り込まれており、戦闘機が高速で宇宙空間を移動する際のスピード感や、敵機を撃ち落とした際、もしくは隕石を破壊した時の爆発や炎はきわめて見事であり、綺麗なビジュアルも本作の大きな魅力の一つとなっている。

ss_a8f49d42a8739bd6acb91c48f903a148556b3507.1920x1080

ゲームプレイの映像を見るとわかる通り、宇宙空間の中を漂う惑星や隕石、宇宙ステーションのデザインに恒星の光が反射されて辺りが輝く様などは実に見事なので、ゲームプレイの際には注意して見てもらいたい。

動作環境

EVERSPACEが快適に動作するために必要なスペックは以下の通り。(記載しているのは推奨環境であり、最低限必要なスペックはSteamの公式ページにて確認できる)

Windows

OS 32/64-bit Windows 7/8.1/10
プロセッサー Intel CPU Core i5
メモリー 8 GB RAM
グラフィック Nvidia GeForce GTX 770 / AMD Radeon R9 280X
DirectX Version 11
ストレージ 8GB 利用可能

Mac OS X

OS El Capitan
プロセッサー Intel CPU Core i5
メモリー 8 GB RAM
グラフィック Nvidia GeForce GTX 770 / AMD Radeon R9 280X
ストレージ 8GB 利用可能

リアルなグラフィックのゲームはもっぱらPSVR用のソフトが多いが、ViveRift対応のゲームでもグラフィックの美しさやモーションのリアルさは日々改善されており、より没入感の高い環境でのプレイができるようになってきたので、これからのVRゲームの可能性に大いに期待したい。

参照元:RoadtoVR

参照元:Steam

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。