VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRゲーム「サークル オブ セイバーズ」同時協力プレイ版を「Electronic Entertainment Expo 2017」にて発表 - VR Inside

VRゲーム「サークル オブ セイバーズ」同時協力プレイ版を「Electronic Entertainment Expo 2017」にて発表

     

「サークル オブ セイバーズ」同時協力プレイ版を「Electronic Entertainment Expo 2017」にて発表

株式会社Five for(所在地:東京都千代田区、代表取締役:谷川 高義)は、2017年6月13日(火)から米国ロサンゼルスで行われる「Electronic Entertainment Expo 2017」(通称E3)にて2人同時プレイが出来る「サークル オブ セイバーズ」同時協力プレイ版を展示する事を発表した。

新しい「サークル オブ セイバーズ」はプレイヤーのみならず観客も楽しめるゲーム特性に加えて、ユーザー・施設双方からの要望が多かった1台のMR-BOX(コントロールユニット)での非通信による2人同時プレイとオペレーションの簡略化を実現したという。

前衛は従来同様にHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)をかぶって戦い、新たに加わった後衛は小型モニターつきの後方支援用武器を使用して戦うということだ。

ゲーム内容

前衛は今まで通りHMDをかぶって剣と楯で敵と戦うシンプルなゲーム構成、新たに加わった後衛は後方支援としてモニター付きの武器(ボーガン)で遠方の敵や飛来してくる敵を打ち落とすというものだ。

遠方の敵や上空から飛来してくる敵はボーガンでしか倒せないという。

また後衛は敵から離れているが油断出来ないという。

飛来してくる敵の攻撃をかわさなければHPが減って行くということだ。

HPは前衛と後衛で共有しているので、息の合った協力体制が必要になるということだ。

最後には巨大なボスと戦うという。

協力プレイで、敵のボスにダメージをあたえてゲームクリアしよう!

今回新たに開発導入した機能

<MR(Mixed Reality)のマルチアングル化>

筐体に設置された複数の定点カメラと、移動可能な後方支援用武器カメラからの動画映像を、自動切替で観客の観ているモニターに映し出す。

これによりカメラのオペレーションが不要となるということだ。

<ツインMR>

複数のアングルからの映像を同時にVR映像と合成し、武器に付いた小型モニターと観客用の大型モニターにそれぞれの合成画面を映し出す。

これにより観客は複数のアングルからのゲーム映像を同時に楽しむことができるということだ。

<エクステンデッド フォアード マスク処理>

後方支援用武器カメラからは合成用グリーンバック幕の無い場所でもCGとの合成画面をリアルタイム生成するということだ。

<高画質送出>

合成画面が増えても、ゲームにおいて60フレーム/秒による映像をMR-BOXから送出、複数画面合成でもクオリティーを落とさず、遅延の少ない合成映像送出を行うということだ。

<MRについて>

第三者からも視認できる実写映像とVRの合成技術をさすという。

特にハードウェア合成によりPCの負荷を最小限に留め、遅延の少ないクリアな合成を行っているということだ。

「サークル オブ セイバーズ」は、今後もどんどん進化を遂げて行くという。

これからも「サークル オブ セイバーズ」で様々なVR「勇者体験」を楽しんで欲しいとの事だ。

【サークル オブ セイバーズ】について

『サークル オブ セイバーズ』は全く新しい体感型アクションVRゲームである。

“直感的な操作”でVRの本質を体験して頂けるだけでなく、心地よい汗と疲労感を伴うeスポーツに近い感覚が体験できるとのことだ。

操作は至ってシンプル。剣と盾と魔法を使い、襲い来る敵をなぎ払うだけ。

今回のバージョンからから2人同時協力プレイが可能になったということだ。

「サークル オブ セイバーズ」に関する情報は http://www.cos-vr.com/ を参照。

【Electronic Entertainment Expo 2017】について

https://www.e3expo.com/ を参照。

株式会社Five for 展示場所:WEST EXHIBIT HALL 5522

【株式会社Five forについて】

http://fivefor.jp/jp.html を参照。

※E3発表以降「サークル オブ セイバーズ」「MR-BOX」の窓口は株式会社PDトウキョウから株式会社Five forに移行。

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

https://www.youtube.com/watch?v=bgrbEdWM6Qo

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当