VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Snapchatに新しいレンズが追加。AR的な表現が簡単に実現することに - VR Inside

Snapchatに新しいレンズが追加。AR的な表現が簡単に実現することに

     

アプリメーカーSnapは、2017年4月18日、新タイプのレンズをリリースした。

20170419_snap_1

同社公式サイトのニュースページによれば、このほどカメラアプリSnapchatにAR的な表現が簡単にできる新タイプのレンズが追加された。

同レンズを使うには、同アプリ起動後、背面カメラ起動中にカメラ画面をタップすると、画面下方に新タイプのレンズの種類を選ぶアイコンが表示される。そのアイコンのなかから任意のものを選ぶと、カメラ画面に多数の3Dオブジェクトが表示されるようになる。

この3Dオブジェクトは静止したものではなく、絶えず動いているので、カメラの撮影タイミングを変えれば、様々なAR的な演出がされた画像が出来上がる。また、動画撮影すれば、動いている3Dオブジェクトの様子がそのまま動画に写っていることになる。

選択できるカメラレンズには、虹が合成されるもの、花が合成されるものなどがある(下の動画を参照)。

ハイエンドなARデバイスとしては、すでにHololensがリリースされているが、同デバイスには未だ製品版がないので、現時点でのAR体験の入り口はスマホである。そんななか、SnapchatはポケモンGOとともにスマホで気軽に楽しめるARカメラアプリとして好評を博している。

もっとも、今年中に新たなAR体験が提供される可能性がある。本メディアでも以前に報じたように、次期iPhoneにAR機能が実装されるかも知れないのだ。

iPhone本体にAR機能が実装されるようになると、iOSに対応したARアプリが爆発的に開発されるようになるだろう。というのも、アプリ開発者は標準実装されたAR機能をアプリの機能の一部として組み込むことができるようになるからだ。

かりに次期iPhoneに実装されるAR機能がカメラに関連するものであるならば、そのAR機能をSnapchatが利用する可能性が高い。今年中にも、同アプリの大型アップデートがあるかも知れない。

新タイプのレンズをリリースしたことを報じるSnapのニュースページ
https://www.snap.com/ja-JP/news/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com