VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ソフトバンクが須磨海浜水族園開業60周年イベント向けに VRコンテンツを企画・提供 - VR Inside

ソフトバンクが須磨海浜水族園開業60周年イベント向けに VRコンテンツを企画・提供

     

須磨海浜水族園開業60周年イベント向けに VRコンテンツを企画・提供

「Fish Collection Challenge」のイメージ

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、神戸市立須磨海浜水族園(以下「スマスイ」)向けにVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用したコンテンツを企画・提供することを発表した。

須磨海浜水族園開業60周年イベントについては、神戸市が発表している。

今回ソフトバンクが企画・提供するVRコンテンツは、スマスイ開業60周年イベントの一環として2017年7月15日から8月17日までの期間限定で実施される「スマスイで新感覚体験 最新テクノロジーで水中世界を楽しもう!!『未来水族感』」向けの、CG(コンピューターグラフィックス)で表現した体験型コンテンツと、スマスイの大水槽内を360度カメラで撮影した全天球映像コンテンツの二つだということだ。

VRコンテンツの概要

1. 体験型コンテンツ「Fish Collection Challenge」

全てCGで表現されたVR空間の中に浮かび上がる“魚のもと”を、コントローラーを使ってつかんで水槽へ投げ入れ、水槽内の生き物を増やしていく体験型コンテンツということである。

水槽内に顔を沈めて生き物を観賞したり、VR空間を周回するクジラを観賞したりすることができるようになっているという。

(最大大人4名、子供4名で同時に体験可能)

【イメージ映像】

「Fish Collection Challenge」のイメージ

「Fish Collection Challenge」のイメージ

株式会社ハシラス(本社:東京都千代田区)

事業概要:VRコンテンツの企画・制作など

URL:https://hashilus.com/

2. 全天球映像コンテンツ「サンロクマル水族館」

YouTube™ にアップロードされたスマスイの大水槽内を360度カメラで撮影した全天球映像を、スマートフォンと簡易ヘッドマウントディスプレーを使用して視聴することで、まるで水槽内に入ったような感覚を体験できるということである。

【イメージ映像】

index_pic_02

全天球映像コンテンツの撮影風景

「スマスイで新感覚体験 最新テクノロジーで水中世界を楽しもう!!『未来水族感』」の概要は、スマスイ公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)から参照できるとのことだ。

※YouTube は、Google Inc. の商標または登録商標。

※SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標。

※その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標。

参照元:ニュースリリース

須磨海浜水族園開業60周年イベントでVRを使った3つの夏休み特別プログラム実施

今年開業60周年を迎えている須磨海浜水族園では、7月15日(土)から8月31日(木)まで、夏休み特別企画として、海を身近に感じることができるプログラムを3つ開催するとのことだ。

今年初めて実施する「未来水族館」では、ソフトバンク株式会社による企画、協力を得て、VR(仮想現実)技術を使った体験型コンテンツや、水槽内360度カメラで撮影した全天球映像などの最新技術で、不思議な水中世界を体験することができるという。

「神戸須磨アクアイルミナージュAloha!! HAWAII FESTIVAL(アロハ!! ハワイフェスティバル)」では、ハワイアンテイストをテーマにしたイルミネーションを、「須磨ドルフィンコーストプロジェクト2017」では、須磨の海で本物のイルカとのふれあいを、楽しむことができるということである。

「未来水族感」 開催概要

1 開催日程 :2017年7月15日(土)~2017年8月17日(木)

2 体験時間 :10時30分~17時 ※水族園営業時間は9時~22時

3 開催場所 :須磨水族園 エントランスホール

4 入場料  :観覧無料、体験プログラムによっては一部有料 ※別途入園料が必要

5 URL     :http://sumasui.jp/VRevent2017.html

イメージ

「神戸須磨アクアイルミナージュ Aloha!! HAWAII FESTIVAL(アロハ!! ハワイフェスティバル)」  開催概要

1 開催日程 :2017年7月15日(土)~2017年8月31日(木)

2 点灯時間 :日没~22時(最終入場21時30分) ※水族園営業時間は9時~22時

3 入場料  :通常入園料で観覧可能。 

        大人1,300円、中人(15~17歳)800円、小人(小・中学生)500円、幼児無料

4 主催    :神戸市立須磨海浜水族園、Illuminage Group Inc.、日本イルミネーション協会

5 URL     :http://sumasui.jp/event/2017/05/29715831.html

sub2

「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」 開催概要

1 開催日程 :2017年7月15日(土)~2017年8月31日(木)

2 開催時間 :エリア開放11時~17時 

  ※天候や波の状況により観覧時間を短縮したり、エリアを閉鎖する可能性あり

3 開催場所 :須磨海岸東端(須磨海浜水族園南)

4 参加費  :観覧無料、体験プログラムよっては一部有料

5 URL     : http://sumasui.jp/event/2017/05/287148312016.html

6 FaceBook :https://www.facebook.com/sumadolphincoast

当日の海の状態やプログラム実施の有無、イルカの様子など最新情報を発信している。

スマスイで新感覚体験 最新テクノロジーで水中世界を楽しもう!!「未来水族感」について

最先端技術を水族園らしく「水中世界を体感する」をテーマに、VR体験「Fish Collection Challenge」、同園大水槽を360度カメラで撮影した「サンロクマル水族館」、AI搭載の魚ロボット「MIRO」の計3つのコンテンツが用意あれているということである。

展示ロボットやバーチャルとの出会いをきっかけに、改めて目の前の生きものに関心を深めてもらいたいということだ。

VR関連の催し

【Fish Collection Challenge】

VRゴーグルを装着し、バーチャル空間に浮かび上がる魚を採取して水槽に生き物を増やしていく体験型コンテンツ。

体験者はバーチャル空間を周回するクジラを勧奨したり、仮想水槽内に顔を沈め水槽内を確認したりすることができるということだ。

参加費  :500円/名

参加方法:須磨海浜水族園内インフォメーションにて9時から受付

【サンロクマル水族館】

同園の大水槽内を360度カメラで撮影した全天球映像を、You Tube上にアップロードし、手持ちのスマートフォンと簡易ヘッドマウントディスプレイ(カードボード)を使って、360度視野の水槽内の映像を見ることができる。

まるで体験者が本人が水槽内に入ったような水中感が体験できるという。

距離感ゼロに接近するシロワニ、覆いかぶさるように頭上を通過するホシエイなど、普段とは違う視点で、スマスイの大水槽を見ることができるということだ。

参加費  :無料

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当