VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRRPG"The SoulKeeper VR"、Steam Early Accessで8月からダウンロード開始 - VR Inside

VRRPG"The SoulKeeper VR"、Steam Early Accessで8月からダウンロード開始

     

soulkeeper-vr-screenshot-3-1024x569

HELM Systemsが開発するVRRPGタイトル「The SoulKeeper VR」が、Steamにてアーリーアクセス版で公開されることになった。

対応機種はHTC VIVEOculus Riftで、8月15日の公開を予定している。

概要

soulkeeper-vr-screenshot-8

The SoulKeeper VRはストーリー形式のVRRPGだ。

舞台はGerindakと呼ばれる場所で、様々なキャラクターとのインタラクションを経験しながら、数多くの伝承に満ちた世界をプレイヤーは冒険することになる。

プレイヤーは最初はIsoroposという名前の僧兵であり、古代から続く修道院、Lavordiansのメンバーとしてスタートし、LavordiansのライバルであるMardoniansにまつわる噂を調査するために危険な調査旅行に出かける。

本作の大きな特徴として挙げられるのは、
・VR対応のダークファンタジーRPG。
・激しい戦闘や魔法の使用など、多様な戦闘スタイルに対応している。
・様々な移動方法により、VR空間内でのゲームプレイがより快適に。
・ハイクオリティのビジュアル。
・クリエイティブなストーリーが組み込まれたファンタジックな世界観。
・コントロール可能なマウント(またがって乗る移動手段)が登場し、ドラゴンにも乗れる。
・高度なインタラクションが可能なプレイ環境で、古代の伝承に着想を得たステージ。

ゲームプレイ動画を観てみるとわかる通り、本作はアーリーアクセスとは思えないほどのグラフィックの精緻さが特徴であり、プレイできる要素も2DのRPGと同じぐらい多くのオプションが実装されており、VRゲームの醍醐味をより一層引き出してくれることが期待できるタイトルだ。

しかし、現段階ではバグやプレイ中の不具合などを正確に把握しきれていない状況であるために、コンプリートバージョンを完成させる前に早期アクセスとして一般ユーザーに公開して不特定大多数のプレイヤーのフィードバックの助けを借りることによって、修正作業にかかる時間を短縮する運びとなった。

アーリーアクセスの詳細と今後の予定

soulkeeper-vr-featured-image-1000x556-n6g7ddxo1b0cmhfz0pe0wv7mei7fcb26ebe0nt66k8

本作はアーリーアクセスとして公開され、ユーザーの反応やレビューを参考にしながら改善を加え、フルバージョンとしてアップデートをする予定だ。

現在、Steamの公式サイトではアーリーアクセスについての詳細とこれからの予定がインタビュー形式で箇条書きに記載されているが、その中からピックアップしておくべきものを記載する。

アーリーアクセスにした理由

現在、The SoulKeeper VRは開発段階であり、プレイ途中で起こりうるバグについての詳細をデベロッパー側でも正確には把握しておらず、バグの発見や改善にはプレイヤーを巻き込んでいくのが最前だと判断したからとのこと。

アーリーアクセスのゲームにプレイヤーとして参加することは、単に資金面でクリエイターをサポートすることに止まらず、より良いゲームを創る上でも重要な要素だという開発者側の声明が出されている。

フルバージョンで追加されるコンテンツ

フルバージョンではほぼすべての面においてアーリーアクセスより大きな進化が見られるが、特徴的なものを挙げると、

・複数のキャラクターを操作することが可能になり、それぞれのキャラクターによってスキルやメカニックが異なる。
・Gerindak(SoulKeeperの舞台)とは異なるステージが様々なバリエーションで追加される。
・NPCとインタラクトすることが可能になり、敵の種類も増える。
・ストーリーがよりディープで豊かなものになる。

アーリーアクセスの現状について

アーリーアクセスでもハイレベルなゲームプレイを体験することが可能で、様々な戦闘スタイルやメカニックを使用することが出来、激しい戦闘や魔法、武器を用いた戦闘をプレイできる。

エリアは3つ用意されており、それぞれに2から3のレベルが設定されており、合計で8つのレベルをプレイすることが可能で、その中には様々なプレイ要素ーパズル解き、ボスキャラとの戦い、アイテムを奪う、NPCとのやり取り、などが含まれる。

アーリーアクセスとフルバージョンとの価格の違い

フルバージョンに追加される要素の多さを考慮すると、価格は若干上がるが、その時点でアーリーアクセスを既にインストールしているユーザーは無料でフルバージョンにアップグレードすることが出来る。

動作環境

The SoulKeeper VRの動作環境は以下の通り。(記載しているのは推奨環境)

OS Windows 10
プロセッサー Intel i7-4770 equivalent or higher
メモリー 16 GB RAM
グラフィック Nvidia GeForce GTX 1070 equivalent or higher
DirectX Version 12
ストレージ 3 GB 利用可能

参照元:UploadVR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。