VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

音楽作成アプリSoundStageの開発者がGoogleのVRチームに参加 - VR Inside

音楽作成アプリSoundStageの開発者がGoogleのVRチームに参加

     

VRで楽器をコントロール

VR空間の音楽スタジオで自由に音楽を作れるアプリ、『SoundStage』。様々な楽器や機材を光り輝くバーチャルなケーブルで接続し、自由に演奏することができる。バーチャルで楽器を演奏するアプリとしても、音楽制作アプリとしても楽しめる逸品だ。

当初はHTC Viveのみに対応していたが、現在はOculus Riftにも対応してSteamまたはViveportで販売中だ。価格も980円とベータ版時代から据え置きである。激安アプリではないが評判は高く、かなり楽しめるものになっているようだ。

海外メディアUploadVRが、そんなSoundStageのデベロッパーであるLogan Olsonの新しい動きを伝えた。GoogleのVRチームがOlsonを採用し、協力してVRコンテンツの開発を行っていくことになるようだ。

SoundStage開発の終了

GoogleのVRチームに、既にVRアプリの開発で成功した経験のある新しい人材が加わるというのは素晴らしいニュースだ。一方で、これはSoundStageのファンにとっては残念なニュースかもしれない。

Olsonによれば、SoundStageは「ルームスケールのVR用に特別にデザインされた、バーチャルな音楽のサンドボックス」だ。

SoundStageは単なるVRを使ったドラムアプリのようなものではなく、音楽を通して自己表現が可能なクリエイターのためのVRアプリとなっている。

同居している家族や隣人に迷惑をかけることなくドラムを叩きたいユーザにも、全く新しい環境で音楽作りのインスピレーションを得たいDJにも使えるアプリだ。だが、まだプロフェッショナル向けの音楽制作ソフトウェア(もちろんVRアプリではなく、一般的なデスクトップアプリケーションだ)が持つ機能には及ばない。

OlsonがGoogleでのプロジェクトに取り組むようになるということは、SoundStageの開発が終了することを意味している。今後SoundStageに大きな機能の追加が行われることはなくなり、アップデートが行われてもバグ修正や細かな調整といったメンテナンスのみになるだろう。

SoundStageのバージョンアップによって機能が追加・拡張され、VR空間でプロ向けの音楽制作環境が整うことを期待していたならば別のソリューションを探さなければならない。

Googleで何を作る?

SoundStageは、Olsonにとって初めての独立したVRプロジェクトだった。このプロジェクトを離れたGoogleのVRチームに参加したOlsonが今後どういったものを開発していくのかは明らかにされていない。

ただ、Googleは明確な目的もないままVRのデベロッパーを雇うようなことはしないだろう。Olsonを選んだのには、彼の経歴が関係しているはずだ。彼の経験や知識を活かすためにGoogleがOlsonを雇用したと考えれば、次に手がけるのもVRと音楽に関連したアプリだろう。

GoogleはVR空間に立体の絵を描く『Tilt Brush』を開発し、現在も積極的にアップデートを行っている。GoogleがVRを使った作品創造に力を入れているのは明らかだ。Olsonが次にGoogleで開発するのも、SoundStageのようなVR空間で音楽を作ることのできるアプリなのかもしれない。

SoundStageは980円と安価で気軽に使える音楽制作アプリだ。次の作品は、SoundStageとの差別化のために高価格で高性能なプロ向けの音楽制作アプリになる可能性もある。

だが、プロ向けとは言っても従来の音楽制作ソフトのように数万円にはならないのではないだろうか。先に名前を挙げたTilt Brushも1,490円とそこまで高価なアプリではないので、Googleの方針として手に取りやすい価格に抑えてくるだろう。

Googleのスポークスパーソンは、UploadVRに宛てた電子メールの中で「VRとクリエーションの組み合わせが持つポテンシャル」への期待を示している。一部のプロフェッショナルが使うためのツールよりは、多くのVRユーザが気軽に音楽制作を楽しめるような環境を目指す方がGoogleらしい。

もっとも、本当にGoogleが音楽制作アプリに取り組んでいるとは限らない。クリエーションについて触れてはいるものの、OlsonがGoogle VRチームのメンバーとして取り組んでいるプロジェクトについては何も明かされていないからだ。

OlsonがSoundStageで見せた技術のどこかに惚れ込んで彼を雇った可能性もある。次は音楽と全く関係のないテーマの作品が登場するのかもしれない。

どちらも人気のVRアプリを作っているGoogleとOlsonなので、どんなジャンルにしてもユーザを驚かせるようなものを作ってくれるだろう。

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/google-hiring-soundstage-dev/

参照元サイト名:SoundStage
URL:http://soundstagevr.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。