VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「宇宙を身近に」を理念に、スペースバルーンで撮影したVR映像を提供する、名古屋大学宇宙開発チームがクラウドファンディング開始 - VR Inside

「宇宙を身近に」を理念に、スペースバルーンで撮影したVR映像を提供する、名古屋大学宇宙開発チームがクラウドファンディング開始

     

585943a1-eb4c-451d-9d7f-52080abc1967-300x200

『VR×スペースバルーン 宇宙と地球を背景に、紙飛行機と紙吹雪が舞う映像を撮影!』

宇宙の広大さをもっと多くの人にVRで体験してもらいたい! 最新技術のVRをもっと普及させたい! 高度30キロで紙飛行機がどんな風に飛ぶのか実験したい!そんな思いを込めて、名古屋大学宇宙開発チームNAFT(ナフト)は、目標金額は500,000円でクラウドファンディングを開始した。

スペースバルーンとは?

スペースバルーンとは、気象観測用の頑丈な風船で、高度30kmの成層圏まで浮上することができ、風船に吊るしたカメラから、宇宙から見たようなな映像が撮影できる。

23e894d4-aa92-427c-ba59-79ea3018468f

2016年6月18日に撮影された動画

2016年6月18日に打上げを行ったスペスバルーンから撮影した360度パノラマ映像が公開されている。

ただ、没入感には、まだまだ画素が足りないと考えており、今回のクラウドファンディングの実施に繋がったようである。

クラウドファンディング概要

目標金額:    500,000円

現在の支援総額: 24,500円

パトロン数:   6人

募集残り期間:  49日

※2017年1月10日19時確認

資金の使い道

d19ed5bc-2988-4135-b40c-21138c7c2fe3

「VR×スペースバルーン 宇宙と地球を背景に、紙飛行機と紙吹雪が舞う映像を撮影!」クラウドファンディング募集ページ

宇宙に興味がる人は、夢を投資してみてもいいかも知れませんね!

参照元: 手軽に宇宙VR体験! | 360VR NAFT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら