VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

トークイベント「VRが映像業界にあたえる衝撃」を国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル&アジアにて開催 - VR Inside

トークイベント「VRが映像業界にあたえる衝撃」を国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル&アジアにて開催

      2016/09/01

国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)は6月4日(土)、映像クリエイターから急速に注目を集めているVRにフォーカスし、トークイベント『VRが映像業界にあたえる衝撃』を開催する。

国際短編映画祭

ソニー・インタラクティブエンタテインメントからは、先日Japan VR Summitでも登壇した吉田修平氏が登壇。

また、攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVERのクリエイティブディレクター浅井宣通氏(WOW inc. クリエイティブ/テクニカルディレクター)、「進撃の巨人展」360° 体感シアター “哮”のプロデューサー富永勇亮氏(dot by dot inc. CEO / Producer)など、実際にVRによる映像製作を手掛けた方々も登壇予定。

さらにメディアコンテンツ研究家である、株式会社ジェミニエンタテインメント代表取締役の黒川文雄氏も登場し、VR市場の現在や、今後どのような展望が描けるかについて語る。

モデレーターは、『WIRED』日本版副編集長の年吉聡太氏。

VRトーク

開催場所・日時

タイトル VRが映像業界にあたえる衝撃
開催日時 2016年6月4日(土) 17:30~19:10
会場 表参道ヒルズ スペース オー
チケット 前売2,000円 当日2,300円 Peatixにて受付中
一般からの問い合わせ先 03-5474-8844

登壇者プロフィール

吉田修平

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント。
1986年ソニー株式会社に入社。1993年2月にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)設立メンバーとして「プレイステーション」ビジネスの立ち上げに参画。1996年4月よりゲームソフトの制作部門においてプロデューサーとして第一線で活躍し、2000年4月よりソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ(SCEA)でソフト制作部門を率いて全世界に向けて数多くのヒットタイトルを創出。
2008年5月日米欧のソフトウェア制作部門を統合するSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)のプレジデントに就任。2014年3月に発表し本年10月に発売を予定しているバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)」の開発を務める。

浅井宣通

東北大学理学部卒業。WOW inc 所属。
クリエイティブ/テクニカルディレクター、メディアアーティスト。
2016年 グラミー賞でのレディーガガへのフェイスマッピングやintelのグローバルプロモーションにおける”Connected Colors”、ミラノ・トリエンナーレで展示中のlase hologram”light of birth、攻殻機動隊virtual reality diver などで世界的に知られる。フェイスマッピングの先駆けとしての”OMOTE”やスマップ”FACE-HACKING”にお いては世界で1000万のバズを起すなど国内外のプロジェクションマッピングシーンをリードしてきた。また世 界各地のメディアアートフェスティバルのスピーカー、審査員としても活躍。広告、デザイン、アートからの発想と、プログラミング的な発想の融合によりイノベーティブな表現に挑戦している。文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品選定1回。VFX AWARD2015 最優秀賞受賞。アルスエレクトロニカ VFXアニメーション部門受賞など。

富永勇亮

「テクノロジーの無駄遣い」と称されるデジタルクリエイティブ集団“dot by dot”の代表。
広告キャンペーンのインタラクティブ、デジタル領域、インスタレーション、ミュージックビデオ、IoT、ファッション、TVなど幅広い領域を担当。
渋谷でシェアオフィス『HOLSTER』を共同運営。
カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル、SXSW、文化庁メディア芸術祭など国内外の広告賞を受賞。
代表作にLyric Speaker/安室奈美恵 ” Anything” for Google Chrome/進撃の巨人展360°体感シアター“哮”/androp“Bell”など。

黒川文雄

株式会社ジェミニエンタテインメント 代表取締役。
音楽ビジネス、ギャガにて映画・映像ビジネス、セガ、デジキューブ、コナミデジタルエンタテイメントにてゲームソフトビジネス、デックスエンタテインメント、NHNJapanにてオンラインゲームコンテンツ、そしてブシロードにてカードゲームビジネスなどエンタテインメントビジネスとコンテンツの表と裏を知りつくすメディアコンテンツ研究家。

黒川メディアコンテンツ研究所・所長。コンテンツとエンタテインメントを研究する黒川塾を主宰。「ANA747 FOREVER」「ATARI GAME OVER」(映像作 品)「アルテイル」「円環のパンデミカ」他コンテンツプロデュース作多数。

年吉聡太

『WIRED』日本版副編集長
1979年、宮崎出身。早稲田大学卒業後、モノ情報誌やライフスタイル情報誌の編集に携わる。2009年にはブランディングサイト「XBRAND by Yahoo JAPAN」立ち上げに参加。ウェブメディア「ライフハッカー[日本版]」編集長を経て、2014年4月より現職。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

トモ

Writer: 何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。

 関連記事