VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Steamが360度映像のプラットフォームをスタート - VR Inside

Steamが360度映像のプラットフォームをスタート

     

PixvanaのソフトとSteamが統合

Valveが提供するプラットフォーム「Steam」は近年日本でも知名度が高まっており、近所のコンビニでSteamギフトカードを購入する、ということも可能になった。Steamのゲームを遊ぶためのハードウェア、SteamリンクやSteamコントローラーも、個人輸入せずに購入できるようになっている。

日本のユーザにとっては「PCゲームのプラットフォーム」という印象が強いSteamだが、Valveは映画、アニメ、音楽、PC用のソフトウェアなどもSteamで取り扱っている。もっとも、日本から購入可能な映像などのコンテツはまだ少なく、ゲーム販売のプラットフォームという認識になるのも仕方がないところではある。

5月10日、SteamはビデオストアにVRビデオの部門を追加している。

Pixvanaとの協力

Steam 360 Video

新たに開始されたSteam 360 Videoのプレイヤーには、PixvanaのSpin VRビデオストリーミング技術が使用されている。これは昨年の後半に存在が明らかにされた技術をベータテスト段階にまで進めたものと思われる。

このプラットフォームは、RiftViveといったVRヘッドセットを使うときにSteamからワンクリックで簡単に360度映像を購入し、視聴を開始できるようなソリューションとなることを目指している。

従来の2Dディスプレイを使用するユーザのために、マウスを使って360度映像を操作可能なシステムも近日中に追加される予定だ。

Steam 360ビデオプレイヤーは、Pixvanaオリジナルの規格を含む複数のVR映像規格に対応している。また、360度の高品質な映像を効率よくストリーミング配信するための技術も使われている。

個人や小規模の映像制作チームにとってVR映像の撮影、編集、配信といった工程は複雑で難しいものだが、ValveとPixvanaが提供するSteam 360 Videoはそのハードルを下げるプラットフォームだという。

このプラットフォームの登場によって、インディーズクリエイターによる優れたVR作品がユーザの目に入るようになるかもしれない。

今後数ヶ月の間にクリエイターと消費者の双方に向けたアップデートが継続して行われる予定となっているが、現時点でも以下のような機能が利用できる。

クリエイター向けの機能

・H.264フォーマットのMP4ファイル、JPGまたはPNG形式の画像ファイル、AACまたはWAV形式の音声ファイルを取り込む

・Pixvana Spin Studioを使ってVRコンテンツを作る

・アウトプットされる360度映像の設定を変更する

・設定を済ませた360度映像をSpin StudioからSteamへと直接アウトプットする

・Steamストアに映像作品のページを作成し、顧客にSteam経由で作品を配信する

消費者向けの機能

・PCゲームや他のコンテンツと同様に、Steamストアで360度映像を探す

・SteamVRに対応するヘッドセットで360度映像をすぐに再生する

・再生のコントロールや位置の同期といったSteamの機能も利用できる

Steam 360ビデオプレイヤーのインストール方法

Steamで提供される360度映像

Steam 360ビデオプレイヤーは、無料でダウンロードできる。360度映像を再生するのに適したCPU/GPU性能を含むシステム要件を満たす環境であれば、公式に用意されたいくつかのデモ映像を無料で視聴することが可能だ。

まずシステム要件を確認しよう。注意すべき点は対応OSだろうか。現時点ではWindows 10の64bitのみとなっている。

Steam 360ビデオプレイヤーを使うには、Steamクライアントがインストールされていなければならない。Steamアカウントを持っていない場合はアカウントを作成し、クライアントをダウンロードする。

Steamクライアントが導入されていてもバージョンが古いとビデオプレイヤーを使えないので、バージョンアップを行おう。FAQによれば、2017年4月25日以降に公開されたバージョンは対応しているようだ。

対応するバージョンのSteamクライアントに更新を行えば、SteamVRが自動的にライブラリに追加されるはずだ。特に問題がなければSteamクライアントのライブラリ>VR内に表示されるが、インストールは手動で実行しなければならない。

SteamVRのインストールが終わったら、Steam 360 Video Playerのインストールを行う。SteamVRと同じく自動的にライブラリに追加されているので、インストールボタンをクリックして進めていけば良い。

Steam 360 Video Playerのインストールが完了すれば360度映像の再生が可能だ。Steamで視聴できる360度映像コンテンツは、次のページでまとめられている。

まだ数は少ないが、コンテンツは今後も追加されていくはずだ。

 

参照元サイト名:Pixvana
URL:https://pixvana.com/valve-steam-360-video-player-spin-studio/

参照元サイト名:Steam
URL:https://support.steampowered.com/kb_article.php?ref=8699-OASD-1871#360_beta

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。