VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Apple、新MacOS「High Sierra」がSteamVR対応になることを発表!Mac初のVR対応iMac Proスペックも! - VR Inside

Apple、新MacOS「High Sierra」がSteamVR対応になることを発表!Mac初のVR対応iMac Proスペックも!

     

imac-scrubbed-vive

6月5日から9日にかけて開催されている、Appleのデベロッパーカンファレンス、2017 Worldwide Developers Conference (WWDC)で、SteamVRのベータバージョンが新しいmacOS「High Sierra」に対応することが発表された。

Appleはその発表とともに、HTC Viveを使ったデモンストレーションも行い、新macOS、High Sierraと新Mac Proの情報もWWDCで公開している。

Mac対応SteamVR

steamvr_header

Mac対応SteamVRはベータバージョンとして、Macの新OS、High Sierraサポートでリリースされた。

このベータ版SteamVRでも、WindowsやLinuxと同様、360°コンテンツ、ルームスケールトラッキングが使えるようになる。

デベロッパーサイドでは、EpicとUnityとの協力により、ベータ版のエクステンションツールでこれらのエンジンが使用可能だ。

SteamVRはMozillaともパートナーになり、WebVRサポートをFirefoxに追加し、今後macOSを使ってウェブ開発をしているデベロッパーがVRを使えるようにする予定だ。

MacでSteamVRを使用するには:

  1. Steamをデスクトップで開く
  2. ツールのライブラリーからSteamVRを探す
  3. 右クリックでプロパティを開く
  4. ベータタブを選択し、ドロップダウンからSteamVR Betaをクリック

動作環境:

  • ● macOS対応のSteamVRにはmacOS 10.11.6でMetalグラフィックサポートまたはそれ以上が必要
    - macOS、High SierraとMacのMetal 2が最適
  • ● HTC ViveとMacハードウェアに適応しているコネクター

新macOS「High Sierra」

high sierra

AppleはWWDCで、新コアストレージ、ビデオグラフィックテクノロジー搭載の、Macの最新デスクトップオペレーティングシステム、High Sierraのプレビューも行っている。

High Sierraは新ファイルシステムを使い、High-Efficiency Video Coding (HEVC) をサポート、マシンラーニングからVRまで稼働可能なAppleの最先端グラフィックテクノロジー、Metalへのアップデートもしている。

さらに、Photo、Safari、Mailなどのアプリも新しく改良された。

Apple File System

Apple File System(APFS)はパフォーマンス、セキュリティ、データの信頼性を高めた機能で、Macの新しいストレージの基盤となる。

最近の巨大ストレージテクノロジー活用のために作られた最先端のAPFSはファイルコピーからデータの保護までストレージのオペレーションが改良された。

High-Efficiency Video Coding (HEVC)

業界スタンダードHEVC(H.265)をサポートし、ビデオストリーミングと4K動画ファイルのプレイバックがハイクオリティで、現在のH.264スタンダードの40%小さく使えるようになる。

またHEVCがあれば、ハイクオリティビデオストリーミングが以前はHDストリーミングしか使えなかったネットワークでも使えるようになり、iMacとMacBook Proで劇的に早く、効率的なHEVCエンコーディングとエディティングができる。

Metal 2

Metalは最速、最適にMacでGPUパワーを使う方法だ。

Metal 2は改良が加えられたAPIと向上したパフォーマンスで、アプリの迅速化と最適化をサポート、音声認識、自然言語処理、コンピュータービジョンで使われているマシンラーニングサポートも追加されている。

Thunderbolt 3とMetal 2を組み合わせることで、よりパワフルな外部GPUが使えるようになる。

VR

Metal 2のパフォーマンスと最新Macハードウェアを利用し、macOS High SierraはVRコンテンツ クリエーションサポートも追加された。

これにより、デベロッパーはVRゲーム、3D、VRコンテンツをMacで制作することができるようになった。

さらにAppleはメジャーVRカンパニーとパートナーになり、今年後半に向けてMacにいろいろなVR機能を追加していく予定だ。

ValveはSteamVRプラットフォームをmacOS対応にし、HTC Viveヘッドセットとのコネクションが可能になった。

UnityとEpicはVRデベロップメントツールをmacOS対応に、Final Cut Pro Xはプロフェッショナル360°ワークフローサポートを追加し、360°動画のインポート、エクスポート、編集ができるようになる。

iMac Pro

imac pro

AppleはHigh Sierraと同様、WWDCでMac史上初のVR対応、新しいiMac Proのスペックも公開した。

新しいiMac Proは27インチ Retina 5Kディスプレイ、最大18コア Xeon プロセッサー、最大22 Teraflopのグラフィックコンピュテーションを搭載し、今までで一番パワフルなMacプロダクトとなった。

iMac Proは最新のグラフィックエディティング、VRコンテンツクリエーション、リアルタイム3Dレンダリングのためのパフォーマンスが可能になっている。

2017年12月に$4,999(約56万円)にリリース予定だ。

  • ● 最大18コアのIntel Xeonプロセッサー搭載でワークフローを改善
  • ● 極薄デザインで80%クーリング機能がアップ
  • ● 27インチ Retina 5Kディスプレイで1億色を再現
  • ● 新Radeon Pro Vega GPU搭載で最先端のグラフィックが実現
  • ● 最大11 Teraflopsがシングルコンピュートパワーで可能になり、VRのリアルタイム3Dレンダリング、ハイフレームレートが実現
  • ● マシンラーニングにも最適で、最大22 Teraflopsのパフォーマンスが可能
  • ● 最大4TBのSDDと128GBのECCメモリーサポート

参照元URL: https://blog.vive.com/us/2017/06/05/apple-embrace-vr-and-the-vive-platform-at-wwdc17/, https://steamcommunity.com/steamvr

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。