VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【PSVR版配信開始!今なら20%OFF】時間を操、マトリックスのような超絶プレイが可能なガンシューティング「SUPERHOT VR」 - VR Inside

【PSVR版配信開始!今なら20%OFF】時間を操、マトリックスのような超絶プレイが可能なガンシューティング「SUPERHOT VR」

     

SUPERHOT_VR_coming_soon.0.0

全編がスローモーションで動き、プレイヤーが動いている時のみ時間が流れる時間を操る一人称ガンシューティング「SUPERHOT VR」が登場。VR対応し、今回PSVRでプレイできるようになった。

これは事件なほどまでに面白い。

今回はSUPERHOTがどのように「SUPER」「HOT」なのか、惚れ込んでしまった筆者がOculusでのプレイレビューをさせて頂こう。

「SUPERHOT VR」レビュー

従来のアクションゲームでは難しい、弾の軌道を避け、敵の行動を予測して攻撃するなど、シューティングゲームでありながら、あたかもシミュレーションのような戦略性を求められる本作は非常にスリリングだ。

映画「マトリックス」で、あまりにも有名な、ネオが銃弾を避けるシーン。

本作の気持ちよさを占める要素として、銃弾をスローモーションで避け、神がかった超反応で敵を殲滅する「バレットタイム」を体験できる点がある。

時間がゆっくりと流れることにより、チート級の先読みが可能になり、現実時間では不可能な超人的なアクションが可能になる。

SS 11

映画のスーパーヒーローのようなアクションをVRで体現できる喜び。敵弾をギリギリで回避し、銃撃する没入感。思わず決めポーズをプレイ中とってしまったほどだ。(笑

そして、その気持よさは、演出面だけではない。驚くべきは、シューティングゲームの不得意なプレイヤーでも体験できる点にある。

SS 6

時間がゆっくりと流れ、シューティングゲームでありながらストラテジーやシミューレーションのように、戦略をじっくりと立てることができるため、従来のシューティングにおける反射神経や運動神経を要求されない敷居の低さをもたらした。

また、高難度のステージでは、敵を倒す順番、武器のチョイス…など、詰将棋やパズルゲームのようなプレイも要求される。シューティングでありながら思考を要求される。この気持ちよさは、確かに(多くのユーザーがレビューするように)革新的だ。

アクションと同様スタイリッシュな世界観も魅力

また、非常に洒脱なグラフィックも特徴。

須田剛一「KILLER7」にも通ずる、無機質で無骨なポリゴン。レトロでもありながら、未来的ともとれるグラフィックは、スタイリッシュの一言。センスの塊、と呼ぶにふさわしい。

ステージをクリアした時に、現実と同じ時間で敵を倒したリプレイが流れる演出も気持ちいい。超人的なアクションをリプレイできる。SNSにシェアしたくなる気持ちもわかる。そうしてこのゲームは破格のヒット、高評価を拡散していったのだろう。

クリア時に「スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!スーパーホッ!」謎のボイスが高揚感を煽る。こういうクールな演出の数々無駄を廃したグラフィック、VRを題材にしたメタ要素あるストーリーなど、どこを見ても隙がない。

また、単純なVRシューティングとしてもクオリティは高い。ハンドガンやマシンガン以外にもナイフ、手裏剣などの武器も登場。あげく近接戦闘では敵を殴って倒すこともできる。

Sd

トラッキング精度もよく、VR酔いは皆無。ゲーマーだけじゃなく、万人にオススメできるクオリティだ。

「革新的なシューティング」という評価は何も間違ってはいない。

余談だが「SUPERHOT」の影響を感じる「Time Locker」というスマートフォンゲームの名作も生まれた。こちらもスマートフォンゲームの歴史に残るべき、2016年を代表するゲームであり、それでいて、模倣に留まらない、スマートフォンならではの操作性と爽快感を吟味した、満点レベルの傑作である。

VR化にあたりすべてを再チューンナップ

また、SteamやFlash版とはまったく別ゲームと呼ぶべき操作感なのが本作。

ハンドコントローラーを使い、二丁拳銃、ナイフや手裏剣を投げる、拳銃をパスする…など動作が自然に、それも直感的に可能になっている。

Kickstarterで10万ドルの資金調達が成功した開発者チームは、同じステージを使いまわすのではなく、VRに向いてない閉塞感のあるステージは新たに差し替えたという。

また、頭と手の位置情報だけで敵弾を回避できるようにプレイヤーの当たり判定をかなり精微に調整されている。判定がある胴体部分は計算で求められているという。プレイした感じでは、かがんだり移動することによってストレスや違和感なく銃弾を回避できた。

SUPERHOT VR序盤攻略のコツ

実は…というかさっき偶然知ったのだが、敵の銃弾は拳銃を盾にして回避することができる。このスタイリッシュな爽快感を知ってしまったらもう戻れない。

また、フォーエバーアップデート以下の新プレイモードが多数追加される予定だという。

● ヘッドショットでしか敵を倒せない
● バレットタイムとリアルワールドタイムでのタイムアタック
● なにも撃たないでゲームをクリアを目指す
● 敵の動きが通常よりも早い
● 10分間にゲームクリアを目指す

まとめ

SUPERHOT VRは面白い。SUPERHOT VRは革新的だ。SUPERHOT VRは2980円を払いプレイする価値があるVRゲームだ。SUPERHOT VRのストーリーもまた非常にメタフィクショナルで説明を排しておきながら深淵をえぐるものとなっている。SUPERHOT VRのストーリーはVRがテーマになっている。SUPERHOT VRは完全にオススメである。

SUPERHOT VR
Oculus Store: https://www.oculus.com/experiences/rift/1012593518800648/

PS Store:https://store.playstation.com/#!/ja-jp/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/superhot-vr/cid=EP2477-CUSA08165_00-JPPS400000000002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Takanomerde

Writer: 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。