VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

スマホ ファミコン

エープリールフールじゃないよね?“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」がVR化して登場、明日4月1日発売!?

        2017/04/07

株式会社タイトーは、1986年に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト「たけしの挑戦状」30周年企画として、「たけしの挑戦状 VR」を本日2017年4月1日(土)より発売する事を発表した。

main

たけしの挑戦状とは

「たけしの挑戦状」は1986年12月にタイトーが発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトで、ビートたけしさんが自身初のゲーム監修を手がけた、アクションアドベンチャーゲームとなっている。

サラリーマンである主人公が宝探しの冒険をするというストーリーに、たけしさんの「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図から、斬新な仕掛けが多数盛り込まれた一作となり、当時は相当の話題になった記憶がるタイトルである。

「たけしの挑戦状 VR」企画 概要

「たけしの挑戦状」30周年を記念して、VRゲーム化したと発表されている、タイトー独自の新VR技術を使用した、豪華な体験をご提供するとしている。

全身を覆う最先端のデバイススーツは、高級シルクを使った豪華なタキシード型、イタリアの高級ブランド「ウッソーモ」がデザインし、スーツ内部の様々なセンサーと機械式再現装置が、至高の体験を生み出すとしている。
ストーリーは原作に忠実に、そして実写と見まちがうほどの高精細ポリゴンで完全再現し、昔プレイしたことのある人には懐かしい、プレイしたことのない人ならその理不尽さを感じる仕上がりであると。

・・・・ここまで記事を書いて気づいたのですが。

プレスリリース下部にやはり、以下の記載がありました。

※4月1日は、 エイプリルフールです。 ※
正しい情報は【参考資料】部分をご参照ください。

「たけしの挑戦状 VR」公式サイト

参考資料

上記のVR化は、残念ながら実現しないと記載があった、ただ、懐かしのゲームタイトルをスマートフォンアプリとしてリバイバルする「TAITO CLASSICS」にて「たけしの挑戦状」は、2017年夏にリリース予定ではあるようです。

タイトー クラシックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら