VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

クリーク・アンド・リバー VR事業部、「TECH LAB PAAK」VRコース第2期に協賛決定 - VR Inside

クリーク・アンド・リバー VR事業部、「TECH LAB PAAK」VRコース第2期に協賛決定

     

<以下、各企業から発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR事業部は、株式会社リクルートホールディングスが運営する「TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)」(所在地:東京都渋谷区)のVR(ヴァーチャルリアリティ:仮想現実)コースに協賛することを決定いたしました。10月14日(金)には本VRコースのキックオフイベントが「TECH LAB PAAK」にて行われます。

tech-lab-paak-vr

「TECH LAB PAAK」 は、スタートアップ(*)・研究者・社会起業家などの支援を行う会員制のコミュニティスペースです。ビジネスや社会的取り組み、研究などの分野で、企業・団体・個人を問わず、社会のイノベーション創造のために運営され、世界最先端のスタートアップ動向を語りあう勉強会などが開催されます。9月7日(水)にはVR専門メディア編集長が集結した「VRメディアサミット」が開催され、VRに関心のある方々100名以上が集まって情報を交換し合い、交流を深めました。

「TECH LAB PAAK」 VRコースは今回2目で、VRコミュニティの活性化によるオープンイノベーションの促進を目的とし、会員審査を通過したVRスタートアップを6ヵ月間にわたり支援するものです。当社は10月~来年3月まで、一体型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「IDEALENS K2」の無償提供を含むスポンサードを行います。

「IDEALENS K2」は、中国のアイデアレンズ社が開発したケーブルレスの一体型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、本体部分は約295グラムと軽く、頭の前後だけで優しく挟み込む構造のために着脱しやすく、「コンテンツ東京」や「東京ゲームショウ2016」に出展以来、商業施設やメーカーなどからの問い合わせが急増している、注目の最新機種です。

*スタートアップ:比較的新しいビジネスで急成長し、市場開拓局面にある企業や事業者のこと。

<『TECH LAB PAAK』 VRコース>
■TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)について
所在地:東京都渋谷区神南1丁目20−9 ABC公園通りビル6・7階
設  立:2015年11月
U R L:http://techlabpaak.com/

tech-lab-paak-vr_1

【 VRコース プログラム内容 】 
2016年10月~2017年3月までの6ヵ月間
2016年 10月14日(金)  キックオフイベント
2016年 12月頃  展示会開催
2017年 3月   成果発表会(デモデイ)
※随時:勉強会/ VC・投資家・メーカーによるメンタリングを開催

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 VR/AR事業ページ
http://www.creativevillage.ne.jp/lp/vr/

当社は、VR/ARの専門部署を設け、コンテンツの制作や収集、プラットフォーム開発などを行っております。8月にアイデアレンズ社と共同で設立した新会社 株式会社VR Japanと共に、VR/ARさらにMR(Mixed Reality)に関するソフトからハード面に関するすべての相談に対応する体制を構築しております。

■ 「IDEALENS K2」について
「IDEALENS K2」は、前モデル「IDEALENS K1」のスペックを引き継ぎつつ、視野角は120°、タイムラグは17ms(ミリ秒)、質量は約295 g(グラム)と高いスペックを実現しております。また、PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、室内に限らず、屋外でも楽しむことができます。

■「IDEALENS K2」 製品概要

tech-lab-paak-vr_3

商品名 : IDEALENS K2
外形寸法 : HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm
質量: HMD*本体部分のみ: 約295g
ディスプレイ方式  : OLED
ディスプレイ解像度 : 1200 x 1080 x 2
視野角 : 120°
リフレッシュレート : 90Hz
遅延 : 17ms
搭載センサ : 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ
各センサ応答時間 : ≤2ms
プロセッサ : CPU/ Exynos 7420 GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー : ROM/ 32G eMMC (OS、内蔵ソフトを含む) RAM/3G LPDDR3
拡張メモリー : micro SD (最高128G)
Wi-Fi : 2.4G/5G 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth : 4.0、3.0、2.0
接続端子 : micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 : 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 : 約2~6時間(コンテンツによる)
価格 :3,499元
発売日 : 2016年9月15日(木)中国にて発売開始。日本でも年内発売予定。
発売方法 : 日本での販売方法は間もなく開示いたします。

参照元URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000774.000003670.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

koide yutaro

Writer: これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。