VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Vive・Riftで弓を引く!FPS『Twisted Arrow』が発売記念セール中 - VR Inside

Vive・Riftで弓を引く!FPS『Twisted Arrow』が発売記念セール中

     

Twisted Arrow

FPSというジャンルでは、多くの主人公(プレイヤー)が銃を使う。銃の他にも補助的な攻撃手段として手榴弾やナイフが用意されていたり、刀による近接攻撃がメインのファーストパーソンアクションゲームもある。

Phaser Lock Interactiveの『Twisted Arrow』では、プレイヤーは弓矢を使って戦うことになる。弓矢で戦うとは言っても、銃が戦場に登場するより前の時代を舞台にした作品ではない。爆発したり敵を凍らせたりする追加効果を持つ矢を放つことのできる、SFライクな作品だ。

Twisted Arrowの内容

Twisted ArrowはアーケードスタイルのFPSだ。初期のVRタイトルに多かった、移動せずに一箇所に留まって敵を倒すタイプのFPSではない。ウェーブごとに押し寄せる敵を撃退する代わりに、進路上の敵を排除しながら進んでいくことになる。

作品中のステージでは、行く手を阻む敵を爆破しながら広大な都市を駆け抜けたり、高層ビルを昇り降りしながら施設内の敵と戦ったりする。地形を利用してヘッドショットを決められる状況を作り出すのも、フィールド上に設置された燃料タンクや爆発物に爆弾の付いた矢を当てて敵の群れを一層するのも、プレイヤーの作戦次第だ。

トレイラー映像でも派手な爆発を確認でき、アーケードゲーム『Time Crisis』の破壊と騒乱を参考にしたことがストアでの説明からも分かる。火薬が多めのゲームでストレスを解消してスッキリしたいときにはちょうど良い作品と言えそうだ。

プレイヤーは、Twisted Arrowの作品中に出てくる都市や建物の中を自由に移動できるわけではない。これまでにもいくつかのVRタイトルで使われてきたテレポートロコモーションが採用されているため、予め決められた場所の中から行きたい場所を選ぶことによってプレイヤーキャラクターを移動させていくことになる。

この方法は、スティックによる操作で自由に移動できるPC用・家庭用ゲーム機用のFPSに比べて自由度で劣っているが、悪いことばかりでもない。Steamのストアページでも言われているように、「都市を走る道の中から正しいものをすぐに選び出せるので、移動に迷うことなくアクションに集中できる」という利点もある。

射撃ポイントの移動はテレポートロコモーションによって行うが、敵の攻撃を避けるか、遮蔽物に隠れてやり過ごす場合にはルームスケールのVRを利用しての操作が可能となっている。あるいは、弓に内蔵されたシールドを展開して攻撃を防ぐこともできる。

とにかく敵を撃ちまくるウェーブ型のシューターと、位置取りを考える楽しみがある反面迷子になりやすい自由に移動できるFPSのいいとこ取りをしたスタイルと言えるだろう。操作に慣れれば、移動してすぐに戦闘という流れをスムーズにこなせるようになるはずだ。

弾数が無制限で連射ができるもの、複数の敵をロックオンして矢が分裂するもの、大きな爆発を起こすもの、敵を凍らせるものなど、豊富に用意された武器を使い分けて敵を倒すのがこのゲームの楽しみ方である。他にも対人地雷や敵の乗り物を妨害するような兵器も登場する。

リリース時点で6つのミッションが用意されているが、これは正式版に対するユーザのフィードバックを受け取ってから追加される予定だという。難易度は三段階が用意されているため、VRでのFPSに不慣れなプレイヤーから数々のタイトルをプレイしてきたベテランまで、幅広いプレイヤーに対応できる。

発売記念セール

20170314_steamstats_1

3月28日にSteamで発売されたTwisted Arrowは、現在リリース記念のセールを実施中だ。通常の価格は1,980円だが、セールでは25%オフの1,485円となっている。購入を考えているならば今がチャンスだ。

セール期間は3月30日の午前1時59分までとあまり長くない。まだレビューも少ない(日本語でのレビューは無し)が、購入者はかなり満足しているようだ。大きなセールまで待てないならば今日中に購入するとお得である。

公式サイトによればプレイ時間は4~6時間とされているが、ミッションの追加が予定されていることや複数の難易度に挑戦できることを考えればさらに長く遊べるだろう。

対応言語は英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語となっており、日本語での表示には対応していない。また、音声は英語のみとなっている。

Steamでは既に発売されているが、Oculus Homeからの購入も近日中に可能となる予定だ。

 

参照元サイト名:Tom's Hardware
URL:http://www.tomshardware.com/news/twisted-arrow-debuts-vive-rift,34007.html

参照元サイト名:Phaser Lock Interactive
URL:http://www.phaserlock.com/twisted-arrow#ta-intro

参照元サイト名:Steam
URL:http://store.steampowered.com/app/494960/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。