VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

TwitterがApple TVに初めての360度ライブ映像をもたらす - VR Inside

TwitterがApple TVに初めての360度ライブ映像をもたらす

     

Apple CEO

Appleは先日のWWDC2017でARプラットフォームのARKitを発表し、ついにARのメインストリームを巡る争いに参入した。合わせてVRに対応するMacも発表されたが、Apple公式のVRデバイスは存在しない。

iPhoneで利用できるモバイルVRのプラットフォームもGoogle Cardboardだけと、Androidに比べるとiOSのVRや360度映像への対応は遅れている状態だ。

Appleのテレビ用デバイスであるApple TVでも360度の映像を見ることはできたが、360度のライブ映像に対応するアプリが無い状態だった。この状況を変えたのは、ライブ映像の配信に力を入れているTwitterだ。

TwitterとApple TV

Twitterの鳥が付いたVRヘッドセット

Twitterとライブ配信

TwitterはVRサービスを専門とする企業ではない。元々は短いテキストや画像を簡単に投稿できるサービスを提供する企業だ。

しかし、Twitterでは今起きていることや考えたことをすぐに投稿できる。この性質は、スマートフォンで撮影できるライブ映像との相性が良い。最新のアップデートでは、ツイートを投稿する画面から簡単にライブ放送が開始できるようにUIの変更も行われた。

Twitterが配信しているのは、一般のユーザによるライブ映像だけではない。同社は複数のパートナー企業と契約することで24時間365日ライブ配信を行おうとしている。内容は報道やスポーツなどで、世界中の出来事をリアルタイムに知ることが可能になる。

Twitterはこのライブ放送に力を入れているらしく、昨年の秋にはApple TVからもライブ映像を見られるアプリの提供を始めた。このアプリがアップデートされ、Periscopeグローバルマップのサポートや360度のライブ映像を見られる機能が追加された。

初めての360度ライブ映像

Apple TVはユーザのリビングにあるテレビをAppleのエコシステムに組み込もうとするデバイスだ。

テレビを使って各種ビデオオンデマンドサービスを利用したり、ウェブブラウジングをしたり、iTunesのライブラリに入っている音楽をホームシアターシステムで再生したりといった利用法が想定されている。

Apple TVから映像配信サービスを使って2D映像や360度映像を利用することはできたが、360度のライブ映像を見られるアプリは無かった。Apple TV用のTwitterアプリを使えば、テレビの画面で世界中のライブ映像を見ることが可能となる。

VRデバイスを使う場合と違って顔の向きを変えるだけで映像を操作することはできないが、Apple TVのリモコンを使って360度好きな方向を向くことができる。

世界の出来事を生中継

Twitterがライブ映像を提供しているデバイスはApple TVだけではない。他社の製造する同様の機能を持つデバイス(AmazonのFire TV、マイクロソフトのXbox One、Roku)にもTwitterアプリは存在する。

24時間配信のライブ映像

アプリの目玉は、同社の提供するライブ映像コンテンツだ。同社は多くの企業とパートナーシップを結んでおり、先月の初めにはWNBA、BuzzFeed、Viacom、Live Nationなどの提供するライブコンテンツを発表している。

こうしたパートナーシップにより、Twitterは24時間の映像配信を達成する。

ユーザーメイドのコンテンツ

Twitterアプリのユーザは、Twitterが契約しているパートナーの提供する映像コンテンツだけでなくユーザが作成して配信するコンテンツを視聴することも可能だ。

アップデートにより、地図上からその場所に紐付けられた映像を探すことができるPeriscopeのマップや、他のユーザによるツイートからライブ映像のストリーミングを行うことができるようになった。

同社によれば、Twitterを使って配信される映像は2017年の第1四半期だけでも延べ7,700万時間に及んだという。一般のユーザが配信する映像なので本格的なVR映像ではないとしても、これだけの量があれば好みの映像を見つけることができそうだ。

テレビで見たい番組が無いとき、近所や世界で何が起きているのかを映像で見たいとき、Twitterで配信されるライブ映像を見るという方法がApple TVのユーザにも広まるのだろうか。

360度ライブ映像を配信する企業としてTwitterの勢力が大きくなれば、VR映像コンテンツの世界でも力を持つことになるだろう。

 

参照元サイト名:Tech Crunch
URL:https://techcrunch.com/2017/05/24/twitter-for-apple-tv-adds-live-360-degree-video-and-periscopes-global-map/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。