VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにConvertible Equityによる40万USドルを出資 - VR Inside

TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにConvertible Equityによる40万USドルを出資

     

「SYMMETRY alpha」サービスイメージ

株式会社ティー・ワイ・オーは、VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.との間で、Convertible Equity(CE型新株予約権)による40万USドル(約4,500万円)の出資契約を本日2017年7月19日に締結した。

出資契約の経緯について

ディヴァース社は、次世代端末として話題のヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を使用するバーチャルリアリティ(VR)制作ソフトウェア「SYMMETRY alpha」などを開発しており、誰もが簡単にVRコンテンツを制作して楽しむためのソフトウェア構築を早急に進めている企業である。

ティー・ワイ・オー社によると、ディヴァース社の開発体制が強化されることでVR分野におけるソリューションサービスの更なる発展が期待できると判断したため、今回の出資契約につながったということだ。

また、ティー・ワイ・オー社は広告映像を中心としたコンテンツ制作を得意としており、このVRソフトウエアを新しいコンテンツの開発、クライアントとの合意形成など、幅広い分野で活用することも検討しているという。

ディヴァース社に対しては、これまでにも、500 Starups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループ、スローガン、凸版印刷などが出資を実行している。

SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)について

『SYMMETRY alpha(シンメトリー アルファ)』は、VR空間の中で「イメージ」「デザイン」の正確な確認を行い、円滑なコミュニケーションを可能にするソフトウェアである。

3DCAD(SketchUp)・点群データに対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能である。

ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野となっている。

SYMMETRYオフィシャルサイト:http://symmetryvr.com/index_jp

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名された。

※点群データ:3Dスキャナーで物体や空間を計測し、多数の点の3次元座標を点群として記録するデータのこと。

DVERSE Inc.について

2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立された。

システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されている。

HMD/VR、による新たなクリエイティブ環境の開発で、世界に新しい価値を創出している。

社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)

代表者:CEO 沼倉 正吾

所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)

設立:2014年10月20日

UR:http://dverse.me/

ティー・ワイ・オーについて

ティー・ワイ・オーは広告会社機能と制作プロダクション機能を併せ持つ、クリエイティブエージェンシーだ。

TV-CM・WEBを中心としたコンテンツを制作しており、年間広告制作数は2,000以上を誇ている。

1982年の創業以降、時代と共に広告手法やコミュニケーションの在り方が変革・進化していく中で、映像制作を中心とした多様な広告制作事業を展開している。

2017年に株式会社AOI Pro.との共同持株会社「AOI TYO Holdings株式会社」を設立し、同社の完全子会社となっている。

社名:株式会社ティー・ワイ・オー

代表者:代表取締役 早川 和良

所在地:東京都品川区上大崎 2丁目21番7号

設立:1982年4月2日

URL:http://group.tyo.jp/

参照元:ニュースリリース

過去の「ディヴァース社」に関する記事

ディヴァースがIoT連携の最先端手術室「SCOT」をVR空間で体験出来るデモを出展

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. は、2017年7月12(水)~2015年7月14日(金)に開催される、日本病院会/日本経営協会主催「国際モダンホスピタルショウ2017(開催地:東京ビッグサイト、開催日:2017年7月12日〜14日)」内、主催者企画展示「VR (Virtual reality)で広がる医療の未来」ブースにて、日本医療研究開発機構(AMED)と東京女子医科大学によるIoTと連携した最新のスマート治療室「SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」の点群データ及び3D/4K/360度映像を、VRソフトウェア『SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)』を利用したVR空間で体験できるデモを展示することを報じた記事。

VRソフトウェア『SYMMETRY alpha』開発のディヴァース社、凸版印刷社と資本業務提携

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. ( 以下「ディヴァース社」)と凸版印刷株式会社(以下「凸版印刷社」)は、2017年5月31日に資本業務提携に関する契約を締結したことを報じた記事。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当