VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VR教育プラットフォームUnimersiv、中国語やSEO対策など4つの新コースを開設

      2016/12/22

Unimersiv

多彩なコンテンツを提供するVR教育プラットフォーム「Unimersiv」に新たなコンテンツが追加された。

今回追加されたのは以下の4コース。

  • ソーシャルメディアマーケティング
  • ビジネスストラテジー
  • 初心者のための中国語
  • Googleで1番になるSEOの基礎

新コンテンツは、ソフトウェアのアップデートにより購入が可能になる(アプリ内課金要素である)。

VR教育プラットフォームUnimersivとは

Unimersivは、VRをゲームだけでなく教育にも使うべきだと考えている。UnimersivはVRを通して学習を支援することを目指すプラットフォームだ。

アメリカの教育学者、エドガー・デールによれば「人は2週間後に、読んだことの10%、聞いたことの20%、体験したことの90%を覚えている」という。UnimersivはVRでの疑似体験によって、読書や一般的な講義よりも深く記憶させることを目指す。

2015年に登場したUnimersivのアプリではこれまでに、タイタニックやアクロポリスをVRで探索できるコンテンツ、人体の構造を学べるコンテンツなどを提供してきた。今後も新たなコンテンツが登場する予定だという。

Unimersivアプリは現在、Gear VROculus Riftで利用できる。アプリ本体は無料でダウンロード可能だ。

 

参照元サイト名:Unimersiv
URL:https://unimersiv.com/?ref=menu

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

 関連記事