VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Viveに200ドル相当のRadeon RX480が無料で付いてくる&HPのVR対応PCが200ドル引き(アメリカ) - VR Inside

Viveに200ドル相当のRadeon RX480が無料で付いてくる&HPのVR対応PCが200ドル引き(アメリカ)

   

Radeon RX480

今年に入って、OculusOculus RiftとTouchのセット価格を200ドルも引き下げた。これによって、HTC ViveとOculus Rift & Touchの価格差は200ドルとなり、価格面でRiftが優位に立った。

これで値下げ合戦に入ることを警戒したのか、HTCのスポークスパーソンはViveを値下げする必要はないとのコメントを発表している。しかし、アメリカのNewEggは実質的なViveの200ドル割引と言えそうなキャンペーンを展開している。

残念ながらNewEggは日本への発送を行っていないが、気になるキャンペーンではある。

HTC ViveにRadeon RX480が付属

Radeon RX480

Digital Trendsが、VRシステムを用意したいけれどコストが気になっているという読者のためにキャンペーン情報を掲載している。その内容は、HTC Viveの購入者全員にVR対応PCにも使われているAMDのグラフィックカードRadeon RX480がプレゼントされるというものだ。

そうは言っても、値下げを行わない代わりにHTCがグラフィックカードを用意してくれるというわけではない。このキャンペーンを行っているのは、PCパーツやハードウェアを取り扱うショップNewEggだ。同社のサイトでHTC Viveを購入すると、無料でグラフィックカードが付いてくる。

Radeon RX480は最強のグラフィックカードではないが、価格を抑えながら十分VRタイトルを動作させられるだけの性能を持ったパーツだ。通常は約200ドル(NewEggでは189.44ドル)のパーツなので、Viveの購入と同時にVR用のPCを自作するユーザにとっては実質200ドルの値引きとなる。

同じスペックのVR用PCを組むのであれば、Riftを買ってもViveを買っても同コストというわけだ。200ドル予算が余れば、複数のVRコンテンツを購入できる。

自分でパソコンを組み立てられないから市販のVR対応PCを買う、既にViveを動かせるスペックのゲーミングPCを持っているといった層には値引きのほうが嬉しいかもしれないが、購入を考えているならばまたとない機会だろう。昨年のサイバーマンデーセールよりもお得感がある。

NewEggは日本への発送を受け付けていないが、このキャンペーンが注目を集めれば他のストアも同様にViveのセールやキャンペーンを行うかもしれない。

HPのVR対応デスクトップPCが200ドル引きの650ドル

HP Pavilion 560

実は、他にもRadeon RX480に関連するキャンペーンが行われているので紹介する。残念ながら、こちらも日本への発送は受け付けていない。しかも日本HPでは販売されていないモデルのようなので、全く同じセールは期待できない。

ViveやRiftを動かすには、VRタイトルを動作させるだけの性能を持つパソコンが必要だ。そのパソコンには、多くの場合中~高価格帯のパーツが使われる。結果的に、本体価格もそれなりのものになってしまう。

VR対応のノートパソコンは価格か性能を犠牲にしているし、VR対応のデスクトップは本体が大きいか価格が高いものが多い。小型化にはコストがかかるため、小さくて安いというのは難しいのだ。だが、不可能ではない。

今回セール対象となっているHPのPavilion 560 p015HVRは高さ36cm幅17cmとコンパクトで、PCデスクの下に収納せずにデスクの上に置けるくらいのサイズに仕上がっている。

Core i5プロセッサ、8GBのRAM、128GBのSSDと1TBのHDD(もちろん7,200rpm)を搭載しており、一般的な用途で不満を感じることは少ないはずだ。中でもGPUにはAMD Radeon RX480を使用しており、多くのVRゲームを動作させられるだけの性能を持つ。

HPのUSBキーボードとマウスも付属しており、OSもWindows10搭載なのでモニタさえあればすぐに使い始めることができる。コスト削減が感じられるポイントとしては、光学ドライブがBD非対応なことくらいだろうか。

価格は799.99ドルだが、プロモーションコードHVR200を適用すると150ドル引きの649.99ドル(7万4千円)となる。Ebatesのクーポンを組み合わせればさらに安くなるという。

※プロモーションコードによる割引額は200ドルなのだが、3月18日まではコード無しでも50ドル引きである。よって、コードによる値引きは実質150ドルとなる。

 

どういうわけか、Radeon RX480が関わるセール・キャンペーンが同時に開催されている。どちらのサイトでも情報が無いので、HTCやAMDが提供しているわけではないようだ。約200ドルという価格がおまけとして扱いやすいのだろうか。

「VR対応PCやパーツは高い」というイメージがあるので、顧客にアピールする目玉商品としての効果は高そうだ。

 

参照元サイト名:Digital Trends
URL:http://www.digitaltrends.com/virtual-reality/htc-vive-rx-480-free/

参照元サイト名:NewEgg
URL:https://www.newegg.com/Product/Product.aspx?Item=N82E16826918011&cm_re=HTC_Vive-_-26-918-011-_-Product

参照元サイト名:CNet
URL:https://www.cnet.com/news/get-a-vr-ready-hp-pavilion-desktop-for-649-99/

参照元サイト名:HP
URL:http://store.hp.com/us/en/pdp/hp-pavilion-desktop---560-p015hvr-v9b22aa-aba-pc

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

 関連記事