VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VIVE Trackerを天井のファンにくつけて気球ゲームを作ってしまった動画が斬新 - VR Inside

VIVE Trackerを天井のファンにくつけて気球ゲームを作ってしまった動画が斬新

        2017/04/08

海外メディアVRScoutは、2017年4月4日の記事において、VIVE Trackerを使って気球ゲームを開発した動画を紹介した。

20170406_tracker_1

VIVE Trackerは、今年はじめに登場して以来、実に様々な応用例が報告されている。同メディアは、そんなVIVE Trackerの応用例のなかでも、極めて「独創的な」事例を紹介している。

ユーチューバーのiBrewsは、VIVE Trackerを使って気球を弓矢で撃ち落とすゲームを開発した。「気球を弓矢で撃ち落とす」というゲーム・コンセプト自体は、全くもって他愛のないものである。このゲームの独創性は、その開発過程にある。

VR空間内での気球の挙動を再現するにあたり、同氏はフクロにいれたVIVE Trackerを天井で旋回するファンにくくりつけて、その空中で旋回するVIVE Trackerの挙動を気球に見たてて、ゲームを開発したのだ。

こうして完成したゲームは、ときおり火を吹きかけてくる気球に向かって火矢を射ることで、この気球を撃ち落とすものとなった。

動画を見たら、こう思われるかも知れない。こんなクダラナイ方法をとらなくても、普通に気球の挙動をプログラミングすればいいではないか、と。

以上のような疑問に対しては、おそらく次のように答えることができるだろう。推測の域は出ないが、iBrews氏は天井のファンにVIVE Trackerをくくりつけるというアイデアから、気球を連想してこのゲームを作ったのだろう。つまり、とにかくVIVE Trackerを天井のファンにつけてブンブン動かしたかったのであって、その挙動を気球に使うことは二の次だったに違いない。

ともあれ、こうした「ネタ」的な使い方ができるのも、VIVE Trackerの応用範囲がケタ外れに広いからであろう。

VIVE Trackerを使って気球ゲームを開発した動画を紹介したVRScoutの記事
http://vrscout.com/news/developer-vive-tracker-battle-ceiling-fan/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com