VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VIA、『HTC Vive Ecosystem Conference 2017』にてVpai 720度カメラのデモ披露 - VR Inside

VIA、『HTC Vive Ecosystem Conference 2017』にてVpai 720度カメラのデモ披露

     

VIA Technologies, Inc.は、3月27日~28日まで中国・深センで開催中の『HTC Vive Ecosystem Conference 2017』にて、第1世代のVpai 720°カメラのデモンストレーションを披露したと発表した。

720_Vpai_Eken

VIA Technologies国際マーケティング担当VPのリチャード・ブラウンのコメント

「Vpai 720度カメラは、魅力的なパノラマビデオを撮影し、即座にレンダリングする能力を備えており、HTC Viveのビジュアル体験を創造するための新しい可能性を開きます。」

「われわれは、今回のHTC Vive Ecosystem Conference 2017で、開発者との協力の機会を得られることを楽しみにしています」

以前、本メディアでも紹介しており、販売価格も$100以下を予定され、Vpai 720度カメラは注目が集まっているようです。

VIA Vpaiプラットフォーム

量産化にも対応した720°カメラハードウェアプラットフォームのVpaiは、ユーザーフレンドリーなスマートフォンアプリケーションを組み合わせ、オン・ザ・フライで高解像度の没入型ビデオ画像の撮影とステッチングを可能にている。

第1世代のVpaiカメラは、中国・深センを拠点とするChiptrip、ForFun、Ekenの3社から、スタイリッシュでポータブルな7つの製品が発売され、100米ドル以下で購入が可能である。

このVpaiハードウェアプラットフォームは、後処理を必要とせずにフルHD画質を実現する高性能シリコンビデオ圧縮エンジンと、縦方向360°と横方向360°のキャプチャ機能を備えたデュアル魚眼レンズレンズにより、 全天球(2048×1024ピクセル)の没入型ビデオと画像を生成する事が可能である。

更に詳細はかこちら

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら