VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRが快適に楽しめる認証・VR Readyとは? - VR Inside

VRが快適に楽しめる認証・VR Readyとは?

     

gallery_littlegear_l_01
引用元:http://www.g-tune.jp/

高度な性能を持ったゲーミングPCであっても、VRを動作させられるとは限らない

ゲーミングPCは、ゲームの映像を一般的なディスプレイに出力する前提の性能となっているが、先に書いた通りVRでは右目用と左目用の2つの映像を出力する必要がある。

つまり、単純計算で2倍(=2画面分)のグラフィック処理性能が求められるのだ。

このため、「このPCでVRが快適に動かせますよ」ということを、VRに関連する企業が公認した証として「VR Ready」という概念がある。

より具体的にはどの企業が認証を行なっているかによって、今の所「Oculus Ready」「HTC VIVE VR Ready」「GeForce GTX VR Ready」「Radeon VR Ready Premium」「Radeon VR Ready Creator」の5種類の認証が存在している

Oculus Ready」とは?

oculus-ready-logo
引用元:http://image.alienware.com/

ハイエンドVRヘッドマウントディスプレイOculus Rift」の推奨スペックをクリアしており、「Oculus Rift」が快適に使用できるPCであるという認証。「Oculus Rift」のメーカーであるOculusが認証する。

Oculus Rift」の推奨スペック

項目 要求スペック
グラフィックボード NVIDIA GTX 970/AMD R9 290以上
CPU Intel i5-4590以上
メモリ 8GB以上
ビデオアウトプット HDMI 1.3
USB USB3.0 x 3 + USB2.0 x 1
OS Windows 7 SP1 64bit 以降

「HTC VIVE VR Ready」とは?

vive_logo
引用元:https://asset.msi.com/

ハイエンドVRヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」の推奨スペックをクリアしており、「HTC VIVE」が快適に使用できるPCであるという認証。「HTC VIVE」のメーカーであるHTCが認証する。

「HTC VIVE」の推奨スペック

項目 要求スペック
グラフィックボード NVIDIA GTX 970/AMD R9 290以上
CPU Intel i5-4590以上 もしくはAMD FX8350以上
メモリ 4GB以上
ビデオアウトプット HDMI 1.4もしくはDisplayPort 1.2
USB USB2.0 x 1
OS Windows 7 SP1 以降

「GeForce GTX VR Ready」とは

vrReady-logo
引用元:http://www.nvidia.co.jp

グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)の「GeForce」シリーズを製作する企業NVIDIA社が、VRを稼働可能な「GeForce GTX 970」以上を装備したPCが、さらにVRを稼働させるために必要となる他の基準もクリアしている場合に認定する。

「GeForce GTX VR Ready」のスペック

項目 要求スペック
デスクトップPC ノートPC
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1060以上 NVIDIA GeForce GTX 1060以上
CPU Intel i5-4590以上 Intel i7-6700HQ以上
メモリ 8GB以上 8GB以上
ビデオアウトプット HDMI 1.3 HDMI 1.3
USB USB3.0 x 3 USB3.0 x 3
OS Windows 7 SP1 以降 Windows 7 SP1 以降
ドライバー Oculus:361.91以上/HTC:361.75以上 Oculus:361.91以上/HTC:361.75以上

「Radeon VR Ready Premium」とは

amd-radeon-vr-ready-premium-logo-2016-red
引用元:http://www.amd.com

NAVIDIA社と並ぶシェアを誇る、グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)やCPUのメーカーとしても有名な「Radeon」シリーズを製作する企業AMD社が、Oculus Rift または HTC Vive の推奨するグラフィックス・カードの仕様要件を満たし、またそれを上回る一部のRadeon GPU、さらにVRを稼働させるために必要となる他の基準もクリアしている場合に認定する。

「Radeon VR Ready Premium」のスペック

項目 要求スペック
システムメモリー 8GB以上のRAM
映像出力 HDMI 1.3(Rift)、HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2(Vive)
USBポート USB 3.0 x3およびUSB 2.0 x1(Rift)、USB 2.0 x1(Vive)
オペレーション・システム Windows 7 SP1 64bit以降
CPU Intel i5-4590同等以上;HTC Vive対応AMD FX 8350同等

「Radeon​​ VR Ready Creator」とは

radeon-vr-ready-creator-red-logo-2016-100
引用元:http://www.amd.com

NAVIDIA社と並ぶシェアを誇る、グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)やCPUのメーカーとしても有名な「Radeon」シリーズを製作する企業AMD社が、Oculus Rift または HTC Vive の推奨するグラフィックス・カードの仕様要件を満たし、またそれを上回る一部のRadeon Pro および AMD FirePro™ GPU製品を備え、VR専門家向けのコンテンツを制作用に必要となる他の基準もクリアしている場合に認定する。

VRコンテンツを制作するクリエイター向けの認定マークです。

「Radeon​​ VR Ready Creator」のスペック

<tdシステムメモリー

項目 要求スペック
CPU Intel i5-4590同等以上;Viveのみ対応AMD FX 8350同等
8GB以上のRAM
映像出力 HDMI 1.3(Rift)、HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2(Vive)
USBポート USB 3.0 x3 およびUSB 2.0 x1(Rift)、USB 2.0 x1(Vive)
オペレーション・システム Windows 7 SP1 64bit以降


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer: フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。