VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VirZOOM、Gear VRに対応。さらにフィットネスバイクを「VirZOOM」化する「VZ Sensor」の予約開始 - VR Inside

VirZOOM、Gear VRに対応。さらにフィットネスバイクを「VirZOOM」化する「VZ Sensor」の予約開始

     

VRフィットネス・デバイスメーカーVirZOOMは、Gear VR対応と「VZ Sensor」の予約開始を発表した。

20170614-virsensor-1

VirZOOMとは?

VirZOOMとは、VRヘッドセットと専用のフィットネスバイク「VZ Bike Controller」を使って、VRゲームを楽しみながらフィットネス運動ができるVRフィットネス・システムである。

現在用意されているVRゲームには、レーシング・ゲームや乗馬ゲームのほか、炎をはくドラゴンに乗って空を飛んだりと非現実的なシチュエーションが楽しめるものもあり、飽きることなくワークアウトが楽しめるようになっている。

対応しているVRヘッドセットは、Oculus Rift、VIVE、そしてPSVRだ。Oculus RiftとVIVEを使う場合はSteamの該当ページからゲームコンテンツをダウンロードでき、PSVRを使う場合はPlaySTation Networkからダウンロードできる。どのVRヘッドセットのコンテンツも無料で楽しむことができる。

専用フィットネスバイク「VZ Bike Controller」の価格は$399(約¥44,000)と少々高いが、アメリカからWebサイト経由で購入した場合に限り30日間の「お試し期間」が設けられる。つまり、同バイク購入後30日以内であれば、無料で返品することができるのだ。

Gear VR対応へ。ついにコードレスなフィットネス体験が可能に

VirZOOM社のニュースページによると、このほど同VRシステムは上記VRヘッドセットのほかにGear VRにも対応した。

Gear VRを使う場合は、同社が用意した導入ガイドページに従って同システム対応ゲームコンテンツをOculus Storeからダウンロードする必要がある。導入ガイドページには、以下のようにその手順が示されている。

  • 1.VirZOOMアカウント登録ページにアクセスして、VirZOOMアカウントを取得する
  • 2.アカウント取得後、登録したeメールに送られる登録メールのリンクをクリックする
  • 3.リンク先の登録完了ページにユーザー名とパスワードを入力後、新規登録アカウントをクリック
  • 4.新規登録アカウントをクリックすると、Gear VRからVirROOM対応コンテンツをダウンロードするための特別コードを確認することができる
  • 5.特別コード確認後、Oculus StoreのVirZOOMアプリのページにアクセスして「REDEEM CODE」ボタンをタップ
  • 6.特別コードを入力後、「SUBMIT」ボタンをタップ

以上の手順を実行して、Gear VRを使って同システムを動作させることができるようになると、モバイル型VRヘッドセットを活用することになるのでワイヤレスでVRフィットネスを行うことが可能となる

なお現時点ではGear VRのみに対応だが、近日中にGoogle Daydreamにも対応する予定、とのこと。

すべてのフィットネスバイクが「VirZOOM」マシンになるVZ Sensor

さらに、通常のフィットネスバイクでもVirZOOM対応のVRゲームを楽しむことを可能とする「VZ Sensor」(トップ画像参照)の予約も開始した。

トップ画像を見るとわかるようにポケットに入るくらい小さい同センサーは、通常のフィットネスバイクのペダルに装着して使う。すると、ペダルに装着した同センサーがユーザーのペダルをこぐ動作を検知して、VRヘッドセットに写されたゲームとその動作を連動させるのだ。

同センサーがリリースされることによって、ユーザーは専用フィットネスバイクのほかに自分の慣れ親しんだバイクでもVirZOOM対応コンテンツを楽しめるようになる。また、同センサーは持ち運びできることから、普段通っているジムのフィットネスバイクに装着して使うことも可能だ。そうしたジムでの活用では、VRヘッドセットはGear VRのようなモバイル型のものとなるだろう。

同センサーは、本記事下部に示すVirZOOM製品予約購入ページから予約することができる。出荷は2017年10月を予定しているが、予約すると通常価格$99(約¥11,000)のところ$89(約¥10,000)で購入することができる。

VirZOOMをはじめとするVRフィットネス・コンテンツが形成する市場は、本メディアでも度々報じているようにゲーム以外のVR市場として有望視されている。実際、VRフィットネス・マシーンを導入したジムも現れ、VRフィットネス市場は今後も成長を続けそうだ。

VirZOOM製品予約購入ページ
https://www.virzoom.com/order/

Gear VR対応と「VZ Sensor」の予約開始を発表したVirZOOMニュースページ
https://virzoom.com/blog/introducing-mobile-virzoom-vz-sensor/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com