VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VR動画鑑賞にオススメ!左右のピントも個別に変えられるVRゴーグル「Tera VRBOX」 - VR Inside

VR動画鑑賞にオススメ!左右のピントも個別に変えられるVRゴーグル「Tera VRBOX」

     

高度なVRが楽しめるハイエンドVRの世界は、プレイステーションVR、HTC VIVEOculus Riftの三強がほぼ市場を抑えるような形が見えてきたものの、スマートフォン向けのVRゴーグルは多数のVRゴーグルがひしめいていて「まだコレで決まり」というものが定まっていない状況。

そこで今回は、数多あるスマートフォン向けのVRゴーグルの中から「Tera VRBOX」を取り上げて、機能や装着感、使い心地をレビューしたい。

「Tera VRBOX」とは?

VRゴーグル Tera VRBOX
「Tera VRBOX」はスマートフォンをセットしてVRコンテンツを楽しむタイプのプラスティック製VRゴーグル

特徴は、左右のレンズのピントをそれぞれ独立して調整できること。他のVRゴーグルにはなかなか見られない特徴だ。

Gear VR」のようなスマートフォンに接続する機能は持っておらず、「MilboxTouch(みるボックスタッチ)」のようにVRゴーグル外部からスマホ画面をタッチ可能にする機能も持っていないため、操作はスマートフォンの加速度センサーを使ったものに限定される。この点は一般的な スマートフォン向けVRゴーグルと同等だ。

 

チープさを感じさせない外観

VRゴーグル Tera VRBOX
スマートフォン向けのプラスティック製ゴーグルは、デジタルデバイスや家電品というよりプラモデル的なチープさを感じさせるものも少なくない。

そんな中「Tera VRBOX」の外観は、作りがしっかりしていてデジタルデバイスとしての雰囲気をしっかりと持っている

Gear VR」と並べて置いても見劣りしないルックス

カバー左半分を取り外して、スマートフォンのカメラを使用できるようにするギミックが盛り込まれているのもクールだ。

 

スマートフォンはトレーを引き出してツメに装填

VRゴーグル Tera VRBOX
「Tera VRBOX」にスマートフォンをセットするには、本体右側からトレーを引き出し、そのトレーにスマートフォンをセットする。

トレー中央にバネ付きのツメが用意されており、このツメをトレーの端へと押して、そこにスマートフォンをセットする形式

VRゴーグル Tera VRBOX

空間には余裕があり、比較的大きめのスマートフォンでもセット可能。今回使用したスマートフォンはiPhone7 Plusだが、クリスタルケースを装着しており通常より大きさが増していたにもかかわらず、十分余裕を持ってセットできた

ヘッドフォンのコードはトレーの右側から出す形になっているため、iPhone7 Plusだとちょうどヘッドフォンを差すLightningコネクタの位置になる。

VRゴーグル Tera VRBOX

スマートフォンをセットしてみて、ツメが一個だけなのでかなりスピーディーにセットできるのはありがたいと感じた。

というのも、スマートフォン向けのVRコンテンツの場合、最初からVRゴーグルをかぶってプレイするということは少なく、たいていの場合途中まで非VRでプレイし、途中からVRにモードが切り替わるということが多い。

このため、スピーディーにVRゴーグルにセットできないと、そこまでの盛り上がった気持ちが台無し…ということがあるのだ。

 

特徴である左右独立型のピント機能は不要?でも装着感は快適

「Tera VRBOX」は頭の上部を通るバンド1つと、頭のサイドを通るバンド2つ、計3つのバンドで頭部に固定する。
VRゴーグル Tera VRBOX
バンドは太くゴムの強さもしっかりあるため、安定感は高い

それでありながら、触り心地のやわらかい素材が使用されているため、締め付けるようなきつさは感じなかった。

「Tera VRBOX」本体自体も気になる重さではないため、装着感は快適だ。

ちなみに筆者は左右の視力に大きな差がある。なので、「Tera VRBOX」の持つ左右独立型のピント機能はまさに「待ってました!」な機能…かと思いきや、そうではもなかった

VRゴーグル Tera VRBOX

左右独立型のピント機能の使い勝手自体は悪くない。VRゴーグル上部のツマミを動かすことで、それぞれピントを調節できる。

ただ、「Tera VRBOX」は本体のレンズから顔までのスペースが十分取られているため、メガネをかけたまま使用できるのだ。

VRゴーグル Tera VRBOX

筆者のように左右の視力に差があるという人の多くは、メガネかコンタクトレンズによって視力を矯正しているハズ

そうなると左右を個別にピント調整する意味がなくなってしまい、逆に一度にピント調節できないことに不便さを覚えてしまう…。

親切機能のハズが不便さを生んでいる点はちょっと残念だ…。

 

画面外が見えてしまうのが残念!激しい動きにも弱い

VRゴーグル Tera VRBOX

出典元:VR無影灯-改-(筆者によるスクリーンショット)

実際にVRコンテンツを楽しんでみた結果はどうかというと、装着感が快適なこともあって高い没入感が得られる

ただ残念なのは、最大限にピントを調整したとしても、iPhone7 Plusの場合画面外…映像の外側が視野に入ってしまったこと。

スピーカーの穴などが目に入ってしまうのでどうしても気になってしまい、結果として没入感が削がれてしまうということがあった。

この点に目を潰れるかどうかが評価の分かれ目だろう。

また、「Tera VRBOX」はツメ一個でスマートフォンを固定するという都合上固定する力が弱く、激しい動きには弱い

頭を激しく動かすとスマートフォンがズレてしまうことがあるようだ。

…とはいえ、この点はさほど気にすることでもないだろう。

というのも、スマートフォンのVRコンテンツでそこまで激しい頭の動きを要求するものは、現時点では滅多にない

VR動画や脱出ゲーム、美少女ゲームのストーリーシーンをVRで楽しむという程度ならスマートフォンがズレることもないはずだ。

 

2017年2月現在のAmazon価格なら高コスパ!VR動画鑑賞用ならオススメ!

「Tera VRBOX」はいろいろと小さな欠点があるものの、全体的にはまずまずの使い勝手を持ったVRゴーグルだ。

この品質のVRゴーグルで、執筆時点(2017年2月24日)のAmazon価格はなんと1150円!(別途送料が発生)

紙製VRゴーグルとさほど変わらない価格で購入できることを考えると、恐ろしくコストパフォーマンスが高いと言える。

YoutubeのVR動画を楽しんだりVRで映画を観たり、VRのアドベンチャーゲームなどを楽しむという目的であれば、オススメできるVRゴーグルだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kazuhiro_tanaka

Writer: ゲーム作りからゲームレビューまで、ゲーム何でも大好きなゲーム作家。子どものころから夢見ていたVR技術の実現に歓喜!ホラーとオカルトが大好きなので、バーチャル世界でたくさんのゾンビや亡霊に何度も殺されたい!!