VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【週末のVRニュース一気読み】エミリア推し待望のVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」が本日発売開始!他 - VR Inside

【週末のVRニュース一気読み】エミリア推し待望のVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」が本日発売開始!他

        2017/06/13

忙しいあなたのために、週末(6月10日~11日)掲載されたVRニュースの中から人気だったTOP5をまとめてご紹介する「VRニュース一気読み!」

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

今週のTOP5記事はコチラ

1位:エミリア推し待望のVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」が本日発売開始

エミリア推し待望のVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」が本日発売開始

株式会社シーエスレポーターズの日本アニメデジタルグッズブランド「Gugenka from CS-REPORTERS.INC」は、「リゼロ」こと「Re:ゼロから始める異世界生活」のスマートフォン向けVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活」の膝枕編&添寝編を本日より、同時発売すると発表した。

価格は膝枕編・添寝編、それぞれ960円で、iOS/Android両OSに対応している。

本モードでは、ヒロインのエミリア(CV. 高橋李依)が本編の名言や、名シーンだけでなく、誕生日やイベントに合わせた24シーンもの新規ボイスで、やさしく寝かしつけてくれる。

レム編でも感じたが、今回も3Dモデルの仕上がりはよく、またヘッドフォンをしながら体験すると、二人っきりの空間から出られない、出たくない、そんな気持ちにさせてくれるファン必見のVRアプリとなっている。

この記事の詳細はコチラから

2位:スマホモードとVRモードで2倍楽しめる! VR表示に対応した「VR+(プラス)ゲームアプリ」をシリーズ化

スマホモードとVRモードで2倍楽しめる! VR表示に対応した「VR+(プラス)ゲームアプリ」をシリーズ化

株式会社ブループリント(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小林 功、以下、ブループリント)は、ゲームの遊び方を状況に合わせてスマートフォンモードとVRモードで切り替えることができる「VR+(プラス)ゲームアプリ」の提供を開始した。

屋外や外出時などでは通常のスマートフォンモードでプレイし、帰宅後などVR環境の整った場所ではGoogle Cardboard(TM)やMilboxTouch(R)に対応したヘッドセットを装着し、ゲームの世界をVR空間に拡張してプレイを楽しむことが可能である。

ゲームタイトルによってそれぞれの特徴を活かしたVRのゲーム拡張が提供されており、「VR+(プラス)ゲームアプリ」はブループリントが提案するVR時代のスマートフォンゲームの新しい楽しみ方を提供している。

「VR+(プラス)ゲームアプリ」は、「対戦!タップドリフトレーシング」、「スグマチ!3分でできるインスタントシティ!」、「Motivator」の同社3タイトルで提供中である(2017年6月9日現在)。

この記事の詳細はコチラから

3位:今さら聞けない!ゲーミングPC購入検討時によく耳にするCPUとGPUの違いって何?

今さら聞けない!ゲーミングPC購入検討時によく耳にするCPUとGPUの違いって何?

インディーゲームやインディーの開発者が、簡単にゲームをリリース出来たり、クラウドファンディングにて資金調達も容易になったため、オープンなプラットフォームであるPCゲームの市場が徐々に成長しています。

それを後押しするようにVRゲームの存在も無視できない存在になっているので今後、PCの知識は一部のマニアだけのものではなく一般的に知られるべきものになっています。

VRゲームやPCゲームをやるためにPCを買おうとすると、よく耳にするGPUやCPUですがこの二つの違いは何なのでしょうか?そんな今更聞けないゲーミングPCの基礎知識を紹介したいと思います。

この記事の詳細はコチラから

4位:VRでも1人より大人数のが楽しい!協力プレイ可能なVRアプリまとめ

VRでも1人より大人数のが楽しい!協力プレイ可能なVRアプリまとめ

PSVRで現在販売中(国内未発売)のホラーパズルゲーム『Statik』は、PSVRを装着したプレイヤーと、そうでないプレイヤーがスマートフォンとPSVRを利用して協力プレイが可能という、ユニークなゲームシステムを採用しています。

VRは何かと一人でバーチャル空間に引きこもるようなゲームのイメージが多いですね。なので、今回はVRゲームで協力プレイも楽しめるタイトルをまとめてご紹介したいと思います。

この記事の詳細はコチラから

5位:VR+対応の3Dカーレースゲーム 「対戦!タップドリフトレーシング」配信開始 !

VR+対応の3Dカーレースゲーム 「対戦!タップドリフトレーシング」配信開始 !

株式会社ブループリント(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小林 功、以下、ブループリント)が提供する、VRに対応したネットワーク対戦型スマートフォン3Dカーレースゲーム「対戦!タップドリフトレーシング」をApp Store(TM)/Google Play(TM) ストアにて、2017年6月9日(金)より、国内および海外173カ国のストアで配信を開始したことを発表した。

この「対戦!タップドリフトレーシング」はブループリントの提供するVR+(プラス)によるVRモードでのゲーム操作が可能で、Google Cardboard(TM)やMilboxTouch(R)に対応したヘッドセットを装着してゲームの世界をVR空間に拡張して楽しむことが可能ということだ。

この記事の詳細はコチラから


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

anthony10000000

Writer: VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。