VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【VRニュース一気読み】PSVR用ヘッドホンシステム「Mantis」発売が8月1日に決定 他 - VR Inside

【VRニュース一気読み】PSVR用ヘッドホンシステム「Mantis」発売が8月1日に決定 他

     

忙しいあなたのために、7月17日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれたのはPSVR用ヘッドホンシステム「Mantis」の発売を報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

TOP5記事はコチラ

1位:PSVR用ヘッドホンシステム「Mantis」発売が8月1日に決定

Mantis

PSVRに取り付けられたMantis

VRヘッドセットの中で音に力を入れているデバイスと言えば、HTCのViveだ。HTCはVive用に別売のViveデラックスオーディオストラップを販売しており、先月の初めの発売直後に各国のストアで完売するほどの人気となっている。

アメリカ、イギリス、EU向けには7月10日からViveデラックスオーディオストラップの販売が再開されたが、今後は逆に日本で在庫切れとなっているようだ。

MantisはPSVR用のヘッドホンシステムで、ソニー純正品ではない。しかし、ゲーム機用のアクセサリを手がけるBionikがPSVRのためにデザインした製品だ。

この記事の詳細はコチラから

2位:Oculusが2度目のRift価格引き下げを発表

Oculus Riftの新パッケージ

Oculus RiftとTouchを含む新しいパッケージ

OculusはSummer of Riftキャンペーンの一環として、6週間限定でOculus RiftとTouchのセットを5万円という価格で提供している。

この大幅な値下げによって話題となっているOculusは、RiftとTouchのセット価格をセール終了後に引き下げることを発表した。

現在の価格よりは高くなるが、セール開始前よりも100ドル安い500ドルになる予定だという。

この記事の詳細はコチラから

3位:アダルトVRアプリの売上がOculus Riftのセールで増加

VRカノジョ

VRデバイスの購入目的は?

先日Oculusが発表したOculus RiftとTouchが5万円の期間限定セールにより、各所に影響が出ているようだ。

Oculusの先行きを心配する声やセールの効果への疑問も出ているが、その効果で実際に売上が増加しているVRコンテンツもある。

VRヘッドセット本体の価格が安くなれば、以前からVRデバイスがほしいと考えていたユーザが購入を決断すると考えられる。

彼らは、ヘッドセットと一緒にVRコンテンツも購入するはずだ。世界中で人気のインディーズタイトルや、有名なキャラクターの登場する大型タイトルが売れるのは当然である。

そうしたタイトルの他に、アダルトVRコンテンツの売上も伸びているようだ。

この記事の詳細はコチラから

4位:LGBTパレードの様子を伝えるVRドキュメンタリー「Love Letter From London」が公開

イギリスで7月8日に開催された性的マイノリティ(LGBT)の権利向上を訴える「プライド・イン・ロンドン・パレード」の様子を特集した360度動画「Love Letter From London」が公開された。

VRコンテンツ企業であるJauntの制作による「Love Letter From London」は、パレードのカラフルな風景を360度映像で撮影したVRコンテンツであり、映像では英国オリンピック選手であるトーマス・デーリー氏や、現ロンドン市長であるサディク・カーン氏もインタビュー出演している。

週末にかけて開催されたパレードの様子は、Jaunt社が開発したプロ向け360度カメラ「Jaunt ONE」を用いて撮影されたものだ。

ロンドン市長であるサディク・カーン氏はインタビューにおいて次のように語っている。

この記事の詳細はコチラから

5位:スターウォーズのジェダイになれるARデバイスのトレイラーが公開

ライトセーバーを構える女性

ARヘッドセットとライトセーバーの柄

以前からVRの導入には否定的だったディズニーは、2019年にカリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにスターウォーズ・エリアをオープンする予定で建設を進めている。このエリアは作品の中に入り込んだような体験ができるものになっているが、VRは使っていないという。

だが、ディズニーはARに関して積極的で、今年の春にはプロジェクターで投影するAR映像とユーザとの相互作用に関する特許も申請している。

ヘッドセットを使っているのでこの特許とはまた別物のようだが、ディズニーはスターウォーズのコンテンツが遊べるARデバイスを制作していることを発表した。

7月15日、ディズニーがカリフォルニア州アナハイムで開催しているD23エキスポの中で発表したスターウォーズテーマの新しいデバイス&コンテンツが『Star Sars: Jedi Challenges』だ。

この記事の詳細はコチラから


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、毎日月~土の12:00に公開します。明日もお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer: フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。