VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【VRニュース一気読み】PSVR版「Superhot VR」、ヨーロッパで7月19日、北米で7月21日にリリース 他 - VR Inside

【VRニュース一気読み】PSVR版「Superhot VR」、ヨーロッパで7月19日、北米で7月21日にリリース 他

     

忙しいあなたのために、7月19日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれたのはPS VR版「Superhot VR」のヨーロッパ・北米での発売を報じた記事でした。

日本でも明日から発売開始されるので、楽しみですね!

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

TOP5記事はコチラ

1位:PSVR版「Superhot VR」、ヨーロッパで7月19日、北米で7月21日にリリース

海外メディアRoadtoVRは、PSVR版「Superhot VR」のリリース日を報じた。

すでにVIVEおよびOculus Rfit版がリリースされ、高評価を得ているVRシューティングゲーム「Superhot VR」は、先日開催された世界最大のゲーム見本市E3 2017において、PSVR版がリリースされることが発表された。しかし、この発表時点では具体的なリリース日はわからなかった。

同メディアによると、同タイトルのヨーロッパでのリリースが2017年7月19日、北米でのリリースが2017年7月21日に決定したと報じた。ヨーロッパでのリリース日に関しては、EU版PlayStationブログでも発表された。

価格はPSVR専用版のみで$24.99(約¥2,800)、PS4版とPSVR版のセットで$39.99(約¥4,500)、とのこと。

この記事の詳細はコチラから

2位:第7世代インテル(R) Core(TM) i7とGeForce(R) GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

iiyama PC、「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より 第7世代インテル(R) Core(TM) i7とGeForce(R) GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(代表取締役:端田 泰三、本社:大阪市浪速区)は、信頼のJAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」C-Classより、第7世代インテル(R) Core(TM) i7プロセッサーとNVIDIA(R) GeForce(R) GTX 10シリーズグラフィックボードを搭載したコンパクトゲームパソコンの販売を開始したことを発表した。

GeForce(R) GTX 1060[6GB]とインテル(R) Core(TM) i7-7700を搭載したコストパフォーマンスに優れる『 LEVEL-C122-i7-RNS 』や、GeForce(R) GTXシリーズの中でも最上位となるGeForce(R) GTX 1080 Tiとインテル(R) Core(TM) i7-7700Kを搭載したハイエンドモデルである『 LEVEL-C122-i7K-XNA 』など3つのモデルを用意しているということだ。

最高設定でのゲームプレイや、複数モニター・VR・4K等の高解像度でのゲームプレイ等、ゲームのプレイ環境に合わせたモデルの選択・カスタマイズが可能となっているという。

この記事の詳細はコチラから

3位:Google Glass新エンタープライズ版リリース。12のパートナー企業から購入するかたちに

海外メディアUploadVRは、Google Glassの新エンタープライズ版のリリースを報じた。

同メディアによると、Googleはかつてリリースされたグラス型デバイス「Google Glass」をアップデートしたうえで、再びそのエンタープライズ版をリリースした。

同社における同デバイスの位置づけは、同社の親会社にあたるAlphabetが直轄する困難なプロジェクトに挑む部署「ムーンショット」に所属している。この位置づけから、同デバイスは短期的に利益を出すことは期待されておらず、長期的な取り組みによってイノベーションを実現することが求められていることがうかがえる。

同デバイスの仕様も改善された。具体的には、装着感がより快適になりながらも、同時にタフな業務にも対応できるように耐久性が増した。さらにバッテリー連続駆動時間も長くなった。

この記事の詳細はコチラから

4位:ダレノガレ明美さんとウーマンラッシュアワーも大興奮!VR ZONE SHINJUKUオープニングセレモニー

vrzoneshinjyukuop1

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、2017年7月14日(金)日本最大のVR施設である『VR ZONE SHINJUKU』を新宿は歌舞伎町にオープンしました。今回はオープンを記念して行われたオープニングセレモニーの様子をご紹介させていだきます。

VR ZONE SHINJUKUは2016年にお台場にて期間限定運営されていたVRアミューズメント施設「VR ZONE Project i Can」のノウハウがたっぷりと詰まったVR施設で、新作のVRアクティビティにはエヴァンゲリオンやマリオカートやドラゴンボールZなど、国内外で人気のアニメやゲームとコラボレーションしたアクティビティも多数用意されています。

1,100 坪の広い施設内は2フロア構成となっており、オリジナルグッズの販売や、飲食スペースなども用意されています。

この記事の詳細はコチラから

5位:イーオン初となる本格的VR英会話学習アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」 7月18日提供開始

サービスイメージ

英会話教室を運営する株式会社イーオンは、イーオン初となるVR(バーチャル・リアリティ)に対応した英会話学習の新アプリ「英語でおもてなしガイド(VR 対応)」を開発し、2017年7月18日(火)より提供を開始することを発表した。

「英語でおもてなしガイド(VR対応)」は、外国人観光客に対して英語で案内・おもてなしするシーンをVRによって再現、没入感の高い仮想空間での疑似コミュニケーション体験を通じて、英会話力の向上を図る学習アプリとなっている。

英会話学習にゲームの要素を取り入れた本アプリでは、制作協力に株式会社ポケット・クエリーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐々木宣彦)を迎え、ゲーム制作の知見を活かしているほか、「ゲーミフィケーション※」分野の第一人者である東京大学大学総合教育研究センター特任講師の藤本徹氏が監修を務めており、3者の知見を取り入れることで、より高い学習効果が得られるコンテンツとして開発されたということだ。

この記事の詳細はコチラから


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、毎日月~土の12:00に公開します。明日もお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。