VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

WHITE社、VRゴーグル「Milbox 2」のプレゼント付『VRエンタメサミット2017』開催 - VR Inside

WHITE社、VRゴーグル「Milbox 2」のプレゼント付『VRエンタメサミット2017』開催

     

『VRエンタメサミット2017』告知バナー

『VRエンタメサミット2017』申し込みページより引用

株式会社WHITEは、2017年6月29日(木)に、『VRエンタメサミット2017』を開催することを発表した。

キープレイヤー達がゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性を語る

VR業界を牽引している、ゲームやアニメ等のコンテンツ制作に関わるキープレイヤーや登壇し、VRビジネスの可能性を語ってくれる予定だという。

ゲーム・アニメ等のエンターテインメントコンテンツに関わり、VR活用を考えている企業の担当者にぜひ参加して欲しい内容となっているということだ。

2016年は「VR元年」と言われ、高精度なヘッドマウントディスプレイのほか、家庭用VRゲーム機や簡易型のスマホVRゴーグルなど様々なデバイスが登場し、一般家庭へのVRコンテンツの普及が急速に進み始めている。

しかし、VRをビジネスシーンでどう活用していくかについては、様々な障壁があり踏み込めていない企業が多いのが現状となっている。

そんな中、VRを積極的に活用し始めているのがゲーム・アニメ業界だ。

そこで、今回はゲーム・アニメ業界のコンテンツ制作に関わるキープレイヤーの方々をゲストとし、VRビジネスの可能性や成功の秘訣などを語ってもらう予定ということだ。

セミナー前半では、ゲームの企画・開発・運営、及びVR領域の投資・開発などを行っている 國光宏尚氏(株式会社gumi 代表取締役)や郡司幹雄氏(株式会社プロダクション・アイジー企画室 執行役員)、三上昌史氏(株式会社シーエスレポーターズGugenka事業部 専務取締役)が登壇し、「エンタメ業界におけるこれからのVRビジネスの可能性や収益化」について講演を行う。

また、セミナー後半では、WHITE社の廣田憲幸氏がVRコンテンツのマネタイズ手法について講演を行うとともに、VRを活用したゲーム・アニメのコンテンツをローンチした企業の担当者をゲストに招き、VR参入の背景やコンテンツ戦略、VR参入の成果などを余すことなく本音で語っていくとしている。

VRに関する知見の蓄積と業界関係各位とのリレーション構築に役立つようにと、セミナー終了後には、懇親会とVR体験会も予定されているということだ。

また、参加者にはWHTIE社が製造・販売する「Milbox 2」が無料でプレゼントされる。

開催概要

・イベントタイトル

『VRエンタメサミット2017』開催
〜キープレイヤー達がゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性を語る〜

・開催日時

6月29日(木)18:30 ~ 21:30 (受付開始18:00)

※セミナー終了後(21:10以降)に懇親会・VR体験会を予定しております(飲み物・軽食付/無料)。

・開催場所

Speee Lounge 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階

○アクセス:東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅より徒歩7分
https://goo.gl/maps/RHfVy7FCm1o

・定員

50名様程度 [事前申込制]  

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

・参加費

無料

【申込みはこちら(無料)】
http://peatix.com/event/274615

プログラム

【前半】講演

講演1

國光宏尚氏

國光宏尚氏/エンタメ業界における、これからのVRの可能性について

株式会社gumi 代表取締役

2004年にカリフォルニアのサンタモニカカレッジを卒業後、株式会社アットムービーへ入社し、同年取締役に就任。
2007年6月、株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任(現任)。

2015年12月、VR系のスタートアップを支援する100%子会社「Tokyo VR Startups 株式会社」を設立し、代表取締役に就任(現任)。

2016年2月、海外VR/AR市場への投資を目的としたベンチャーキャピタルファンド「VR FUND,L.P.」に出資し、ジェネラルパートナーとして運営に参画。

講演2

郡司幹雄氏

郡司幹雄氏/ VRコンテンツの収益化と展開について

株式会社プロダクション ・アイジー 企画室 執行役員

金融機関に勤務後、株式会社プロダクション・アイジーに転籍した異色の経歴。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」に感銘を受け、同社への転職を決意する。

「宇宙戦艦ヤマト2199」では主幹事会社のプロデューサーを務め、現在は新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」の企画にかかわる。

Oculus Riftを初体験したときにアニメーション作品のVRコンテンツ化に可能性を感じ、同社でのVR企画の推進を主動。

講演3

三上昌史氏

三上昌史氏/ VRビジネスのマネタイズ ホンネを語る!

株式会社シーエスレポーターズ Gugenka事業部 専務取締役

映画、アニメ、ゲーム、音楽業界を中心としたデジタルプロモーションを手掛ける株式会社シーエスレポーターズの専務取締役。

また、2017年より発足した日本アニメのVRを主軸としたGugenka from CS-REPORTERS.INCのプロデューサー。

2004年からVR事業に取り組み、VR関連で受賞やメディア出演など第一線で活躍。

映像系、3DCG系をスマートフォンVRからハイエンドVRまで手がけている。

【後半】講演/セッション

講演4

廣田憲幸氏

廣田憲幸氏/VRコンテンツの普及とマネタイズについて

株式会社WHITE イノベーションデザイン局 VRマーケティングチーム チームリーダー

ネット専業広告代理店でAEとしてダイレクトマーケティングに従事。

その後、総合広告代理店でナショナルクライアントのデジタルコミュニケーション全般を支援。

2013年にspicebox入社。戦略設計・メディア・制作・テクノロジー活用など幅広い知見を生かしてクライアントの課題解決にあたる。

2016年10月より現職。VRを活用したコンテンツ・サービスを提案していく。

トークセッション

『キープレイヤー達が語る、VRエンタメビジネス成功の秘訣』

ファシリテーター:WHITE廣田憲幸氏

紹介事例

・君と霧のラビリンス(坂本師哉氏/スクウェア・エニックス)

BotsNew Characters VR ドラゴンボールZ(滝野耕平氏/メガハウス)

・キンプリVRおひるね撮影会(三上昌史氏/シーエスレポーターズ)

・攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER(郡司幹雄氏/プロダクション ・アイジー)

登壇者

坂本師哉氏

坂本師哉氏

株式会社スクウェア・エニックス 君と霧のラビリンス プロデューサーMONSTER×DRAGON、拡散性ミリオンアーサーの制作に関わったことをきっかけに、2014年に株式会社スクウェア・エニックスに入社。

女性向けの某イベントに参加した時の熱量の高さに感動し、当社初のVRに一部対応した女性向けゲーム「君と霧のラビリンス」を制作することを決意する。

滝野耕平氏

滝野耕平氏

株式会社メガハウス コト創造プロジェクト

2014年メガハウス入社。キャラクター玩具商材やオリジナル玩具商材の商品企画を経て、現職。

2016年よりVR開発担当として「BotsNew VR (ボッツニューVR)」「BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z」の商品開発に従事。

BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z」の開発においては製品デザイン、及び専用アプリ全体のディレクションを務める。

【終了後】交流会・VR体験会(プレゼント付)

参加者、登壇者を含め、VR業界関係者のネットワークが広がる交流会が開催される(飲み物・軽食付/無料)。

また、コンテンツの体験会やMilbox 2の体験会が予定されている。

WHITE社は、VRに関する知見の蓄積と業界関係各位とのリレーション構築に役立てて欲しいとしている。

参加者には「Milbox 2」が無料でプレゼントされる。

参加対象

ゲーム・アニメ等のエンタメコンテンツに関わり、VRを活用しようと考えている企業の関係者

※法人様対象のセミナーのため、個人での申し込みは不可。

※同一企業からの参加人数は2名までとなっている。

※主催企業と事業が競合する企業からの申し込みついては、参加できない場合がある。

※申込み後の抽選結果については、申し込み後、原則1週間以内に事務局よりメールにて通知される。開催直前の連絡になる場合もるため注意。

株式会社WHITEについて

2015年設立のイノベーションデザインカンパニー。

「新しい、を価値にする。」をコンセプトに、VR、IoT、ChatBot、AI等のテクノロジーを活用したコミュニケーションで企業や社会の課題解決を図っている。

会社設立以来、VRを主力事業として位置付け、紙製スマホVRゴーグル「Milbox」シリーズの開発・製造、VR対応コンテンツの企画・制作を行う他、2016年より企業のマーケティング支援を行うための新サービス「Milbox VR マーケティング」を開始。

世界初・複数のタッチ操作が可能な「MilboxTouch」は、世界最大級のテクノロジースタートアップの登竜門イベント「SXSW2016」Interactive Innovation Awards VR&AR部門のファイナリストに選出。

Microsoft Innovation Award 2016「Tech in Asia賞」を受賞。

会社概要

社名 : 株式会社WHITE(英文社名:WHITE Inc.)

事業内容:IoTプロダクト・サービス事業 他

設立 : 2015年4月15日

資本金 : 3,000万円

出資者 : 株式会社スパイスボックス

所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館16F

代表者 : 代表取締役社長 神谷憲司

URL : http://255255255.com/

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当