VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Xiaomi、Daydream Viewライクで3,000円程度と低価格なVRヘッドセット「Mi VR」を発表 - VR Inside

Xiaomi、Daydream Viewライクで3,000円程度と低価格なVRヘッドセット「Mi VR」を発表

     

海外メディアRoadtoVRは、2016年10月25日の記事において、Xiaomiがモバイル型VRヘッドセットを発表したことを報じた。

20161026_mivr_1

同メディアによれば、2016年10月25日、Xiaomiが中国・北京で開催した新製品発表イベントにおいて、新型スマホのMi Note 2とともにモバイル型VRヘッドセットMi VRが発表された。

同VRヘッドセットは、Gear VRのように同社の特定のスマホにのみ対応(Mi Note2、Mi 5s、Mi 5s Plus、Mi 5)しているものも、埋め込み型ボタンを実装しており、そして9軸センサーが内蔵された専用コントローラーが付属している。

何より驚きなのは、Gear VRやDaydream Viewに匹敵する性能を持ちながら、3000円程度(199元)という低価格なことだ。

もっとも、同VRヘッドセットは、現時点では中国でしか販売されない。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=YwGfqVpdIyc&w=560&h=315]

同VRヘッドセットはその仕様と価格から見て、Daydream Viewを意識したものであることは明らかである。

同社はDaydream Viewに対応するDaydream Readyスマホの製造パートナーに名を連ねていたが、Daydream Readyスマホを開発することを明言していなかった。

同社グローバル・ヴァイス・プレジデントのHugo Barraは、「Mi VRは今のところ中国のみの販売ですが、われわれはさらに先の未来を見据えています」と述べており、同VRヘッドセットの世界進出に関して含みを持たせている。

Daydream Readyスマホのパートナーのロゴ一覧にXiaomiのロゴもある(上段右端)

Daydream Readyスマホのパートナーのロゴ一覧にXiaomiのロゴもある(上段右端)

同VRヘッドセットに対応したストア「Miui VR」の開設も予定されており、500以上の360°動画、30以上のVRアプリがラインナップされ、200以上の開発会社が参加する見通しだ。

対応VRアプリのなかには、中国最大手の動画サービスYoukuのアプリも含まれている。

Mi VRは中国市場はもちろんのこと、その低価格から発展途上国の市場シェアを狙えるので、今後Daydream Viewのライバルとなるかも知れない。

Mi VR公式サイト
http://www.mi.com/en/mivr1c/

参照元URL:http://www.roadtovr.com/xiaomi-unveils-low-cost-low-latency-vr-headset-controller/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com