VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

YuMeによるアンケートの結果、アメリカ人800人のうち67%がVR関連を体験したことあると回答

   

Mini-VR-Infographic

YuMeが18歳から54歳のアメリカ人800人を対象に、VRに関する意識調査を実施、その調査結果を公開した。

調査結果①

18歳から54歳のアメリカ人800人中、

1、86%がVRを聞いたことがある。

2、67%がVR、AR、360度動画などのVR関連を試したことがある。

3、67%の内、63%が「今後VR関連技術が流行すると思う」と回答

など。

調査結果②

yume-infographic

家庭内に没入型技術のデバイスを持っていると回答した人は、

18歳から54歳のアメリカ人800人中、16%であった。

上の画像は、コンピューター(デスクトップ、ノートパソコン)、携帯(スマホ、タブレット)、

テレビ(ノーマル、スマートTV)、CTV(ゲームコンソール、メディアストリーミングデバイス、Blu-rayプレイヤー)、

没入型デバイス(モバイルVRデバイス、360度カメラ、デスクトップVR、その他)を所持している家族がいる割合をそれぞれ示している。

調査全容

調査の全容は、YuMeの公式サイトからダウンロードすることができる。
https://www.google.com/url?hl=ja&q=http://www.yume.com/research/seeing-is-believing&source=gmail&ust=1484121802353000&usg=AFQjCNExI6yEOOTdLK0EehVd2drA0moIig

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/01/yume-survey-finds-63-of-respondents-have-tried-vr/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。

 関連記事