VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Zero Latency、フリーローム体験ができる新しいVRゲーム施設をアメリカ国内2カ所にオープン予定 - VR Inside

Zero Latency、フリーローム体験ができる新しいVRゲーム施設をアメリカ国内2カ所にオープン予定

     

多くのVR施設を提供するZero Latencyが2016年11月16日(米国時間)、新たに2つのVR施設をアメリカにオープンすることを明らかにした。

zerolatency

Zero Latencyが先週、Main Event Entertainmentと提携を組み、倉庫サイズのVR体験施設をオープンすることを発表した。そして本日(2016年11月16日/米国時間)、VRスペシャリストはさらにフリーローム体験ができる2つのVR施設をオープンするため、Family Entertainment Group (以下、FEG)と新しく提携することを明らかにした。

施設オープン予定地

Zero Latencyアリーナは2016年12月、土地拡大の一環でペンシルベニア州ポコノ山脈のKalahari Resortにオープン予定。次いでもう1つのアリーナは2017年1月、ウイスコンシン州ウィスコンシン・デルズのKalahari Resortにオープンを予定している。
「Zero Latencyは地球最大規模のフリーロームVR体験を提供しています」とZero Latencyのグローバルビジネス開発責任者でありアミューズメント業界のベテランでもあるBob Cooney氏は語った。

プレイ可能なゲームは明示されず

Zero Latencyはどのサイズのアリーナにも合うように設計された、特許を出願している独自のモーショントラッキングスケールを搭載している。ゲームプレイテストを行ったが、最大16人で同時にプレイすることに成功した。

同社は2つの新施設で体験可能なゲームについて明示していないが、最も可能性が高いのはオーランドにあるアリーナと同じであることだ。オーランドのアリーナには「Zombie Survival」、「Singularity」、「Engineerium」といった異なる3つのゲームがある。

Zombie Survivalは襲ってくるゾンビの大群を撃退するゲーム、Singularityは子供向けの宇宙をテーマにしたゲームで、Engineeriumは家族向けのパズルゲームだ。

参照元サイト名: VRfocus
URL: https://www.vrfocus.com/2016/11/family-entertainment-group-and-zero-latency-opening-two-vr-centres-in-us/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

yuma

Writer: フリーの翻訳ライターです。語学と異文化、新しいものが大好き。 エンターテインメントだけじゃない、医療や教育などに役立つ可能性があるVRにワクワクしています。