VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRを利用した演劇作品『ZOO』(演出:篠田千明)を11月11日~13日まで京都芸術センター講堂にて実施

   

京都から世界へ向けて発信する国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」にてVRを利用した演劇作品『ZOO』(演出:篠田千明)が、11月11日(金)から13日(日)までの間、京都芸術センター講堂にて行われる。

ZOO

本公演は、役者がHMDを装着しVR空間と舞台空間がシームレスがにつながれます。

VR空間はイラストレーター、アーティストのたかくらかずきとPsychic VR Labでアートディレクターとして活躍するメディアアーティストのゴッドスコーピンによって制作されます。

『ZOO』360度撮影による予告動画

公演詳細

日時

11月11日(金)20:00–
11月12日(土)19:30– (公演終了後イベントを開催予定)
11月13日(日)13:30–、19:30−

会場

京都芸術センター 講堂

料金

自由席
[前売]一般 2,500 円 
ユース(25 歳以下)・学生 2,000 円
シニア(65 歳以上)2,000 円
高校生以下 1,000 円 
ペア(前売のみ) 4,500 円
※ 当日券は前売券 +500 円(高校生以下は同額)
時間| 75 分(予定)

公式ページ
http://kyoto-ex.jp/2016-autumn/program/chiharu-shinoda/

参加アーティスト プロフィール

[演出]篠田千明
演出家、作家、イベンター。世界を思考指向嗜好し、人・物・出来事をcompose(配置・作曲)する。1982年東京生まれ。2004年に多摩美術大学の同級生と快快を立ち上げ、2012年に脱退するまで、中心メンバーとして主に演出、脚本、企画を手がける。

国内外のフェスティバルや劇場に招聘され、2010年にはチューリッヒシアタースペクタクルのZKBパトロネーゼの最優秀賞を受賞する。また2012年にはトヨタコレオグラフィーアワードのファイナリストに選出される。2012年以降バンコクに拠点を移す。2016年度セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

[アートディレクション]たかくらかずき
1987年生まれ。ドット絵、イラスト作品をはじめ、グラフィックデザイン、ゲーム制作、展示企画、舞台美術など、デジタルな表現手法をベースにジャンルを横断し活動している。近年の仕事に、範宙遊泳『われらの血がしょうたい』アートディレクション、PUFFYシングル「パフィピポ山」CDジャケットグラフィックなど。

http://takakurakazuki.com/

[VRディレクション]ゴッドスコーピオン
メディアアーティスト、現代魔術師、渋家、Psychic VR Lab研究員。時間軸と空間軸のフレームの変化、テクノロジー、魔術をテーマに作品を制作。主な作品に2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択作品『Stricker』、Fahion×VRプラットフォーム「STYLY」のアートディレクション、ヴァーチャルリアリティを使った空間ジョッキーソフト『Spatial Jockey』東京リチュアル バンギ・アヴドゥル氏との共作でVR Ritual作品『NOWHERE TEMPLE Beta』等。
http://psychic-vr-lab.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRお兄さん(トモ)

Writer: 何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。

 関連記事