VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

AR - VR Inside

AR 一覧

窓の向こうにAR

2017/05/26   VRニュース

「DeepFrame」はARを一緒に見られる窓になる

デンマークのRealFictionが64インチの大型ディスプレイを備えたAR(MR)デバイス「DeepFrame」を開発した。複数のユーザが同時に利用できるこのデバイスは、企業が開催するイベントやテーマパークのアトラクションなどでの利用に適している。

アメリカにおけるARユーザ数の変化

2017/05/26   VRニュース

ARの普及に貢献するFacebookとSnapchat

eMarketerの調査によれば、アメリカでARを使用するユーザが増え続けている。Snapchat Lensesがその増加を牽引しているとみられ、今後はFacebook StoriesもARユーザを増やす原動力になりそうだ。消費者向けARの普及は、コンテンツがその鍵となる。

ソニーの特許にあるコンタクトレンズ

2017/05/25   VRニュース

ARコンタクトレンズの可能性

ARコンタクトレンズの研究は10年前から行われている。しかし部品の小型化や電力の確保といった問題が解決できておらず、各企業も特許を取得するのみとなっているようだ。ARとの相性が非常に良いスマートコンタクトレンズだが、実用化にはかなり長い時間がかかるとみられる。

過酷な環境にも耐えるARグラス

2017/05/25   VRニュース

ARのような技術が労働者の能力を「拡張する」

人間の能力を拡張してくれる様々なテクノロジーを使うことで、日々の労働は安全になったり簡単になったりする。ロボットに仕事を取られると恐れるよりも、技術を上手く活用する方法を考える方が良さそうだ。

VR

2017/05/23   VRニュース

心おどる!かざす未来のアートARワンダーランドが2017年7月22日(土)から名古屋・テレピアホールで開催

東海テレビ放送は、体験型展示イベント「心おどる! かざす未来のアートARワンダーランド」をテレピアホール(名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル2F)にて2017年7月22日(土)~9月3日(日)の期間で開催すると発表した。

VRヘッドセットを付ける学生

2017/05/23   VRニュース

教育にARを取り入れるべき理由

アメリカでは教育の現場にVRを取り入れる動きが広がっているが、ARもまた教育での利用が期待されている技術だ。コストの低さや実践トレーニングとの親和性などARならではの強みもあり、大きな市場になる可能性がある。

20170523_vrar_icatch

2017/05/23   VRニュース

VRよりARのほうが成長する、と考え始めている開発者もいる。が、「VRとARの差」って何?

2017年5月初めに開催されたUnity主催の開発者会議では、ARとVRのどちらが成長するか議論された。市場予測のなかにはARがより成長するとするものもある。しかし、ARとVRはやがてひとつのものになるのではなかろうか。

ARで出現する幻神

2017/05/22   VRニュース

スマホ向けMMORPG『幻想神域 -Link of Hearts-』、ARで『CAFFÈ& BAR PRONTO』に幻神が出現!

X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社は、App StoreおよびGoogle Playにて配信中のスマートフォン向けアプリ『幻想神域 -Link of Hearts-』において、2017年5月20日(土)より『CAFFÈ& BAR PRONTO(カフェ&バープロント)』(秋葉原UDXアキバ・イチ店、御茶ノ水ソラシティ店)2店舗にてARで幻神が出現するコラボカフェを開催することを発表した。

AVA

2017/05/22   VRニュース

VR/ARとの高い親和性を持つヴァーチャルアーティストのプロデュース会社 "アカツキ・ヴァーチャルアーティスツ"の設立を発表

株式会社アカツキは、ヴァーチャルアーティストのプロデュースを行う子会社、株式会社アカツキ・ヴァーチャルアーティスツを設立したと発表した。

20170522_msr_icatch

2017/05/22   VRニュース

Microsoft Research、より「自然に見える」ARグラスのプロトタイプを発表

Microsoft Researchはより「自然に」見えるARグラスのプロトタイプを発表した。同デバイスは形状が普通のメガネに近づいたほか、「収差」の改善、視力矯正機能の実装等「普段使い」に耐えうるものに近づいている。