VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

AR - VR Inside

AR 一覧

headimage

2017/04/25   VRニュース

GoogleのAR技術Tangoを利用して空間に様々な3Dオブジェクトを配置できるARアプリ「PERS AR」をリリース

VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、2017年4月18日(火)、にGoogleのAR技術Tangoを利用して「深度認識」を行い空間を把握し、様々な3Dオブジェクトを配置できるARアプリ「PERS AR」の提供を開始しました。

20170425_prediction_icatch

2017/04/25   VRニュース

VR・AR体験の没入感を高めるためには「予測トラッキング」が重要になる

VR・AR体験にはデータ処理に伴って生じる「遅延時間=レイテンシー」がついて回る。このレイテンシーを相殺する技術として今後必要性が高まる「予測トラッキング」について紹介する。

ダウンロード (1)

2017/04/22   VRニュース

HoloLensを初めとするMRデバイスが続々登場!発表済みのMRヘッドマウントディスプレイをまとめてご紹介

MicrosoftがHoloLensを発売し、MRに力を入れています。これはHoloLensのみならず「Windows Mixed Reality」というプラットフォームを立ち上げ、サードパーティ製品で様々なメーカーからMRデバイスをリリースさせることでMRを盛り上げようと試みているようです。今回はそんなMicrosoftが推し進めることで急激に流行しそうなMRデバイスをまとめてみました。

アプリのイメージ

2017/04/21   VRニュース

VRとARで目の異常を体験できるアプリケーション

サンフランシスコで視覚障害者のサポートを行うLightHouseは、設立から110年以上が経つ施設だ。そのLighHouseは来月、視覚障害を持つ人の見え方を再現するVR/ARアプリをリリースするという。こうしたアプリがデザインに利用されるようになれば、誰にとっても使いやすい製品が広まるだろう。

Appleの新技術が判明

2017/04/21   VRニュース

Appleの特許技術はARオブジェクトを現実らしく表示する

Appleの新しい特許書類には、ARオブジェクトを現実と組み合わせて自然に表示させる仕組みが書かれていた。この技術を活かせるアプリは、ARグラスよりもスマートフォンに多いと考えられる。iPhoneにARが搭載される可能性への期待が高まっている。

170420_MS_Oyanagi_img02-480x270aa

2017/04/20   VRニュース

日本初、小柳建設とマイクロソフトが『HoloLens』を活用した、「建設業の施工検査の効率化」プロジェクト開始

小柳建設株式会社と日本マイクロソフト株式会社は、Windows 10 を搭載した自己完結型ホログラフィック コンピューター「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進において連携する事を発表した。

20170419_fsar_icatch

2017/04/19   VRニュース

Facebook、ARカメラプラットフォーム「Camera Effects Platform」をリリース

Facebookは、ARカメラアプリを開発するためのプラットフォーム「Camera Effects Platform」をリリースした。同社は、カメラアプリこそがARを日常に定着させるツールになると考えている。

20170419_snap_icatch

2017/04/19   VRニュース

Snapchatに新しいレンズが追加。AR的な表現が簡単に実現することに

ARカメラアプリSnapchatに新タイプのレンズが追加された。そのレンズを使えば、カメラ画面内に動く3Dオブジェクトを合成するというAR的な演出が簡単にできるようになる。

20170418_vfroom_icatch

2017/04/18   VRニュース

Hololensを使ったARフィッティングシステム「Virtual Fitting Room」は、ファッションの未来を垣間見せてくれる

今年はじめに開催されたLondon Fashion Weekで、ARフィッティングシステム「Virtual Fitting Room」が披露された。同システムは、Hololensから見えるホログラムを使って服をバーチャルに試着するものだ。

20170418_warner_icatch

2017/04/18   VRニュース

ワーナー・ブラザーズ、家庭用VR・ARシステムの特許を取得

ワーナー・ブラザーズは、家庭でVR・ARコンテンツを体験するシステムに関する特許を取得した。同特許によると、同社は現在のNetflixやiTunesを使ってコンテンツを視聴するようなビジネスモデルを考えているようだ。