VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

医療 - VR Inside - 2ページ

医療 一覧

ヘッドセットを付けた人物

2017/02/09   VRニュース

VRはメンタルヘルスを維持する役に立つか

精神疾患の治療にVRが利用できる可能性について、研究が進められている。効果を示すデータも揃いつつあり、既にVRを治療に取り入れている施設も存在する。

水面を泳ぐサメ

2017/02/09   VRニュース

プールでの新しい遊び方を提供してくれるかもしれない水中VRの研究が続く

水中でVRを利用する方法についての研究が行われている。現在は水中でのポジショナルトラッキング方法の研究を進めている。

VRPhysio創設者

2017/02/07   VRニュース

VRを使ったリハビリシステムをVRPhysioが開発中

イスラエルのスタートアップ企業VRPhysioがVRによって楽しくリハビリを進めるシステムを開発している。進捗も把握も可能なシステムになるという。

脳のfMRI画像

2017/02/03   VRニュース

統合失調症の早期発見が可能となるVRを用いたテスト

エクセター大学の研究者によれば、VRを利用した方法で早期の統合失調症を高精度で判別できるという。安価で正確な診断法として期待される。

Philips-AR-Spinal-Surgery

2017/01/23   VRニュース

オランダの総合電機メーカー「Philips」、脊柱手術を補助するAR機器を開発

脊柱手術を補助するAR機器を開発していることを、オランダの総合電機メーカー「Philips」が発表した。

ts

2017/01/18   VRニュース

より安全な外科手術へ。Touch Surgeryが医療用ARトレーニングアプリを開発

Touch SurgeryはDAQRIのAR技術を借りて新しい手術用のアプリを開発。このARアプリを使って、世界中の外科医が安全な手術を実現できるようにトレーニングしたいと発表された。

脳

2017/01/15   VRニュース

仮想現実で3Dの脳を作成。医学生と外科医のためのVR利用

カナダのサスカチュワン大学で脳の3DモデルがVR上に作成された。大学と地元VR企業との連携によって作られたこのモデルは、医学生の学習や外科医の手術計画に活用されるという。

SpectoVive画面

2017/01/06   VRニュース

バーゼル大学で研究中のSpectoViveは手術計画に活用できる

バーゼル大学がCT画像から患者の体内をリアルタイムに3Dレンダリング可能な技術を開発した。SpectoViveと呼ばれるこの技術は手術の計画に有用なだけでなく、他の分野にも応用できるかもしれない。

豊富なコンテンツ

2016/12/24   VRニュース

麻酔の代わりにVRでリラックスするという選択。AppliedVRは出産の痛みにさえ有効?

AppliedVRは、治療を受ける患者の痛みや不安を軽減するためにVRを利用。出産に伴う痛みにさえ効果があるという医師もいる。

medic-563423_960_720

2016/12/21   VRニュース

VRで脳性麻痺の児童を支援。Design Interactiveが助成金を得てプログラム開発へ

Design Interactiveは脳性麻痺の児童を支援するVRのために、アメリカ国立科学財団の助成金を受け取った。同社は脳性麻痺の児童の身体能力を向上させるために、インタラクティブなVRとゲームベースの技術を研究しているという。